RSS | ATOM | SEARCH
故郷色が私の色



実家の物置にて、色々発掘。

好きな写真をスクラップしていたのです。
今みても好きなものばかりが貼られたアルバムは
見ていて気持ち良うございます。





















それから、ボツにしたむか〜しの絵も発掘。
手がおかしいでしょ。
って、私完成させるまで気づきもしなかったという。。。
でも好きな画面だったので捨てなかったのだな。
画題は「剪定」









沢山の子ども達にも会えました。
従姉妹の子や、友達の子、色々色々。





































日本と海外、東京と東城、
季節もだけど、日差しや光違いで物も違って見える。

























土曜夜市も行けたし、花火大会も行けたね。
娘、私の想像以上に楽しんでくれました。




















ほぼ連日、義父のお力添えでプール遊びに興じる娘。







曾祖父母と娘。年の差80歳以上。。。







さてさて、また続く。





 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 08:44
comments(0), trackbacks(0), - -
カラフルな世界











立秋、お盆が過ぎて、すっかり秋の空となりました。
吹く風も涼しく、朝晩の肌寒さに時の流れを感じます。

今年も後半まっただ中。

秋かぁ。

もの悲しさも含めて、この時期が好き。


もうすぐ上京。
もうすぐ普段の生活に戻ります。


思い出の写真がたまりました。
長々と載せさせていただきます。




先ず、そう、帰省してすぐに新見市美術館へ行きました。
































娘と故郷を沢山お散歩しました。
ふいに娘が言うのです。
「とーじょう、すきよ」















実家は建具屋。
木に囲まれております。














植物の色が眩しいほどに美しく見えました。

































娘は両家の祖父母曾祖父母に色々買ってもらっていましたよ。















広島短大時代の大親友Mに運良く会えた!
Mの娘さんに遊んでもらって嬉しい娘。

他界した父の葬儀に駆けつけてくれたM。
再会出来た日は偶然、父の命日でした。

ありがとう、ありがとう。









そして、広島短大時代に出会ったチームゾノの一員
S君家族にも運良く会えた!
娘さんのMちゃんと娘は一緒に同じお弁当を食べました。
S君、MちゃんMちゃん、東城に寄ってくれてありがとう!









畑へも何度も行った。









ロッソロッソという種のトマト。
イタリア語で真っ赤っか!だって。


















田舎にいても、美味しいパンが食べられる幸せ。
Gさん、ありがとうございます。








さて、次回に続く。








 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 17:28
comments(0), trackbacks(0), - -
ノスタルジア盆




故郷にて、どの景色を見ていても永遠でないので
愛おしく切なくなる。
そして永遠にも思えてくる。


お盆ですね。



自己満足の写真が続きます。
















































































































































































































 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 15:53
comments(0), trackbacks(0), - -
娘の初海外
 






娘の初海外旅行はバリ島でした。

楽しみにしていた飛行機は夜便だったり窓側席でなかったため
景色を楽しんだり、飛んでいる感覚もあまり感じなかった様子。
ただ、例にもれず耳がキーーンっとしたらしく
ラムネや飴、耳鳴りがひどい時にはチョコレートを食べて何とか回避。
あとは初めての機内食に興奮するも
あまり好みでなかったようで、行きも帰りもさほど食べませんでした。


マレーシアでのトランジット後、無事にバリ島へ到着。

主人のお友達(長いお付き合いのバリ人で今では某村の村長さん)が
お迎えに来て下さいまして、即車でウブドへ向かいます。
途中車内から見える景色が日本とは違うことを娘も感じて
興味深そうに眺めておりました。
沢山の像が建っているし、犬が歩き回っていたり
信号がなかったり、広い空に雲がもくりもくりと浮かんでいたり。



最初泊まったホテルはウブドの町から更に車で15分くらいの場所。
ウブドに入るやいなや、結構なスコールに見舞われて
ホテルの部屋へ入る頃にはびしょびしょになりました。。。







大きな犬が3匹もいるロビー。
娘は大喜び。

スコールが止むと部屋の前に見つけたプールに入りたくてたまらない娘。


















初めて足のとどかないプールへ、浮き輪を装着して、いざ!

最初は怖がっていたけれど、10分もしたら主人から離れて一人で泳いでいましたよ。
むしろ、一人で泳ぎたい様子。
大はしゃぎです。

これから連日のプール。。。主人はすっかりプール疲れ。



夜にはウブドの町へ出て、主人の仕事仲間と申しましょうか
先生方生徒の皆さんと一時の合流。








早々にホテルへ戻り就寝。
娘はスイッチが切れたかのように深い眠りにつきましたが
私と主人は近くのお寺から聞こえる儀礼のガムランに耳を傾けつつ
なかなか眠れない夜となりました。
夜10時を回ったころでしょうか、音楽が次第に変わり
あぁランダが出てきたころだなっとか
あぁトランスが始まったなっとか、、、儀礼の音は深夜まで聞こえていました。








さて、翌日も朝食後には朝からプール。。。










































































二日目はのーんびり。
午後からウブドの町で昼食とモンキーフォレストへ。











































主人と娘は猿にバナナをあげていました。
前回に来た時はもっと野性的でやや凶暴なイメージがありましたが、
今回はなんだか飼い慣らされている感じで、割りと穏やかに楽しめましたよ。
時期にもよるのかな。







あまりに暑かったのでコンビニでアイスを買った娘。
ちょっと味見させてもらったら、あまーーーい!





そうそう、泊まったホテルには
地下に秘密めいたアートギャラリーがございまして、
スエーデン人のオーナーさんのコレクションがびっしり展示してありました。











膨大過ぎてあまり写真は撮りませんでしたが、
上2枚目のオールドバティックがとてもとても美しかった!
照明具合で解りづらいですが、柔らかくも渋みのあるピンク地のバティック。
これは見れて良かった良かった。

しかし、これだけのコレクションがここにあるなんて、、凄い。





















寝ても覚めても、プールと犬!な娘。
楽しそうで両親は嬉しいよ。



二泊三日をこのホテルで過ごし、
さて、いよいよウブドの町のホテルへ移ります。


つづく。








 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 16:19
comments(0), trackbacks(0), - -
日常


昨夜も今宵も、月明かりが眩しいほどに美しい。


今年もイベント事とお祭が滞りなく済みました。
本格的な秋の到来です。


町は日常を取り戻して、
静かな、だけれど生活の音が聞こえてきます。






実家では娘の七五三の姿を予行練習。
皆に「可愛い可愛い」っと言われて、本人も悪い気はしない様子です。






あ!こんなパン発見!
「ト○ロ」ではなく「ミミンズク」のパンらしい。。。




そして午後からは幼なじみで親友のMちゃんのお母さんTさんと再会。
娘もすっかり慣れていてTちゃん!っと呼んでおります。
いつもいつも沢山大切な物を頂き、心より御礼申し上げます!
いただいた物は日々大活躍です!


さてさて、その後は諸々所用のため、母の運転で某所へ。
先ずは娘が行きたがっていた従姉妹のお宅へ。

「ペコちゃーーん!」(犬の名前)
















素晴らしくいい場所です。
暫し、こちらでのんびり。





















所用が済むころには日が暮れ始めておりました。




田舎道をゆくのは楽しい。

今日の道中は私の御褒美となりました。



最近、少し考えていることがあるのですが、、、
もう少し良く考えて見よう。
帰省して、こうして考えることが出来て良かった


静思。






 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 22:05
comments(0), trackbacks(0), - -
祭り



今日は待ちに待った「五日申し」というお祭の日!

もうずーっと昔から行われている東城の秋祭りです。


朝から「いちばーん、いちばん!」
お昼前の「さんばーん、さんばん!」
までのお知らせが歩いて下さいます。




これまた風情があって素敵。




10時には通常通りに職場でおやつを。




娘はストーブが熱いと言って、一人後ろ向き。




さて、お散歩がてらスーパーへも行きました。










偶然スーパーで義母と会ったので、
一緒にお買い物。













私、↑こんなものを発見。
鬼太郎の好きなビーフカレーですって!
まんまと鬼太郎効果に乗っかって購入。





お昼ご飯を食べて、
さー、いよいよお祭が始まりますよー!!

先ずは義父が出ている神儀を見に行ってきました。
珍しく私の祖父まで一緒に。































あぁ、、、良かったぁ、、、。
神儀の音に心躍ります。
娘も張り切ってはしゃいでおりました。




お次は大名行列。
行列が来るまで、暫し休憩。
ご近所さんでおやつを頂いたり、遊んで頂いたり、
すっかりご近所さんにも慣れて仲良しです。
ありがとうございます。












遠くからホラ貝の音が聞こえてきました。
大名行列の出発です!

実家のある新町はちょうど御行列と御神輿が集まり、
Uターンする場所なので
上から御行列が、下から御神輿が見えてくると娘は大興奮!

娘「わ!わ!来たよ!どーしよ!どーしよ!」

っ興奮のあまりあたふた。可愛かったなぁ。














































娘はお賽銭を入れる役目を果たしてくれたし、
今日は獅子に沢山噛まれたし、
弟がお酒を振る舞っていると「ボクもジュースちょーだい!」
っとお酒を、ジュースと勘違いしていましたし、
お祭を満喫です。




雲一つない快晴の中、
御行列と御神輿が行ってしまうと町は静まりかえります。





これから秋が深まります。








おまけ

大興奮の後、娘はスッとお昼寝しました。








 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 15:48
comments(0), trackbacks(0), - -
背景



故郷で写真を撮っていると、
映り込む背景が東京とは全く違うので面白い。

町並みもそうだし、山や木々が入るし、
何て言ったって空が青い!
だから空が近くに感じられます。

夜もまたしかり。

夜は深く闇をたたえて、星空が見えます。
今宵の月は電球を灯したかのような景色となっております。
自然が近くに感じられるのです。




娘は朝からしゃぼん玉。
そういえば曾祖父と娘の年の差、83歳差!





















午後からは明日のお祭の準備です。
娘はお昼寝をしなかったので、義父母にお願いしました。
私は自宅へ戻り
ご近所さんと協力し合って、紅白幕を張ります。

いい光景です。






明日は五日申しと言うお祭です。
楽しみだなぁ。


そして少々スケッチに行って参りましたが、
やはり先日の雨風で、お目当ての木の葉が落ちきっておりました。。。
早めにスケッチを出来るだけしておいて良かったぁ。
後は諸々細部を。



















絵になる生活が、まだここには残っております。






おまけ

今日、娘は靴の中でカメムシを踏んでいたらしく、
足親指が茶色くなっており、凄まじい匂いになっておりました。
それをお風呂に入っている時に気づいた娘。。。
気づいた途端に「痛いの、、、カメムシ恐いの、、、足痛い」
っとシクシク泣くのです。
初っちゃんも曾祖父もそのシクシク泣きにつられて
おぉ痛いんか。大丈夫大丈夫。可哀想に。よしよし。
っと心配そうになだめておりました。

しかし、私は知っている。
カメムシの厳しい匂いが、お昼前、娘から匂っておりました。
夕方にはもう足親指は茶色かったのも確認しております。

気づくまでは何ともなかったのに
一端気づいてしまうと、もう心が折れてしまった様子の娘。

結局、可愛い絆創膏を貼ってなだめましたが
寝る直前までカメムシを踏んだというショックを抱えて
シクシクしておりました。。。

明日、匂いが取れるといいね。










 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 20:35
comments(0), trackbacks(0), - -
晴!


一大イベント「お通り」の日。

お天気を心配しておりましたが、曇り時々晴れ!
良かった〜。


多くの方が準備に翻弄される日々であったろうと察します。
晴れて本当に良かった。

人出も多く、静かな田舎町が賑わいをみせる一日。

娘も「お祭よ!」っと張り切っておりました。
私はギャラリーでの仕事もありますし、
今日はすっかり義父の力をかりました。
謹んで御礼申し上げます。






晴の日の着物!
っではなく、これはきたる七五三に備えての準備。












額装が間に合わず日本画作品が昨日ようやく揃いました。
色紙は早くに揃っていたのですが、これでギャラリーが華やぎました。








今回色紙で一番人気だったのがこの「泰山木」。
私も気に入っていた作品なので、高評価は嬉しい。












昨晩は、今日に備えての野菜荷造り。
母の作業を見ながら、美しい野菜に感動。







娘は一日おじいちゃん(義父)と遊んでいただきました。





















え?  え?  ポニーも登場!
































私実は「お通り」というイベントをこうして見たのは初めてでした。

ギャラリーの方は妹が助っ人に来てくれたので、
少し抜け出して見れたのです。幸い。

母衣の行列、想像以上に綺麗でしたよ。

娘も一生懸命見つめておりました。




また、嬉しい再会も幾つかあり、楽しい一日でした!
Aさんご夫婦へ。ありがとうございました!


観光客の方々に混じって、地元の方々も楽しめる一日だったと思います。





さて、明日でイベントも最終日。
もう一日がんばろう。


でもね、5日はもっと楽しみなんです。
地元で昔から行われている秋祭りの日。

もうしばらくはお祭気分。






 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 16:39
comments(0), trackbacks(0), - -
あめ


昨日まで快晴。

娘がお昼寝をしてくれたので、スケッチに出掛けようと思ったら、
先程から雨が降り始めました。。。

明後日のお通りにはお天気回復して欲しい。












スケッチ姿を母が撮影してくれました。
自分では見ることの出来ない姿。 可笑しい。
























↑の写真、偶然カメムシのシルエットも映っています。

この時期はカメムシが多い。
あの悪臭はカメムシ自身にも有害らしいですよ。

カメムシってWikiによると、ところによって呼び名が異なって面白い。
ちなみに広島では「ハットウジ」と言います。







従姉妹が遊びにきてくれたり







飴に興味津々だった娘。
「飴はおねぇちゃんになってから食べようね」
っと言ってきましたが、3歳を迎えて飴デビュー。
1日1個の約束です。







大いにTVの影響で、戦闘モードに入ることがあります。
遊び方がまるで男の子。。。




雨降りは、さて、いただいた時間に何を描こう。









 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 13:59
comments(0), trackbacks(0), - -
毎日


毎日、濃密。





朝からお散歩。







曾祖父と娘がテント遊び。







あ!今年もマロンパイ!







今日も柿の葉は美しい。







娘イチオシの絵。







午前中は上町から新町まで娘と散策しました。
長尾隼人氏の甲冑。







映写機!
むかーし昔、東城の田舎町には映画館が3軒もあったのです。
私が小さな頃にも近所に1軒残っておりましたよ。














北村酒造さんでも素敵な展示がありました。





























出雲からのお客様にいただいたお菓子!
かのこ大好きなので嬉しい。
出雲「坂根屋」




そして午後、娘がお昼寝したら私はスケッチへ。
もう時間が限られているので、なるべく早く描く。
急ぐ事ではないけれど、急がねばならない時期だってあります。
感動し、描きたい!と思った心を大切にしたい。
それが大きな場面だったとしたら、今の私に限られた時間の中で
出来るように工夫する。
風が吹けば葉が落ちる。週末は雨らしい。

泣きながら描いた。

ここは素晴らしい。

感動で嬉しいだけじゃない。悲しいような胸が締め付けられるような。

















悩まない人はいないはず。



「〜〜すべき」っと言う言葉は苦手。





さて、明日も生きるのです。







 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 16:01
comments(0), trackbacks(0), - -