RSS | ATOM | SEARCH
2020年

 

 

明けましておめでとうございます。

 

2020年、皆々様のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

矢吹沙織

 

 

さて、昨年前半に学び描かせて頂いた画の公開が

いよいよ2020年1月15日からとなります。

4幅ずつの公開で、

今後はこの掛軸を用いて絵解き解説も開催予定だそうですよ。

 

場所は京都宇治田原町の正寿院様です。

猪目窓や風鈴祭りや天井画で有名ですよね。

私も天井画を10点奉納させて頂きました。

そのご縁からお声かけ頂き、実った作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「猫八施図(ねこはちせず)」

 

8幅構成で、絵解きをしていただく掛軸です。

 

「仏教の大切な教えである無財の七施と、

さらに耳の施しを足した8つの施しを

主人公である猫がまるで人間のように実践している戯画図であります。

ゆるかわだけど、猫の施しを通して人間を考える。」正寿院様より

 

 

 

 

一度訪れた方々も是非二度三度と足を伸ばして

のんびり癒やしの時間をお楽しみに頂き

ご高覧頂ければ嬉しいです。

私自身も今年中には伺いたいと存じます。

楽しみです!

 

 

 

 

さてさてこの画の後日談。。。

私は人物も動物もほとんど描いたことがなく、

この度の猫八施図は大変な挑戦でした。

私が小川芋銭翁の大ファンで、カッパ絵を描いていましたから、

それをご覧になってお声かけ下さったのが始まりです。

 

先ずは布施について学ぶために正寿院様より何冊もの本をお借りし拝読。

そして、お友達宅へ足を運んで猫を触ったり見たり観察。

大きな尺八縦の掛軸を描く為の和紙や道具の調達。

古今東西の猫画やイラストも見つつ、

しかしながら、誰の猫画でもなく奇をてらわない猫を、、、

それを目標に幾度となく正寿院様とメールのやり取りを致しました。

 

非常に拙い部分もありますが精一杯描かせて頂きました。

 

先ず正寿院様へ。

成長するチャンスを施して下さり心よりお礼申し上げます。

 

そして、この画を目の当たりにされる皆々様へ。

忙しない日々に追われる中、癒やしの空間の中で画に触れて

疲れが少しでも癒えますように。

優しい気持ちが膨らみ花が咲きますよう。

 

 

 

どうぞご高覧下さいませ。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 16:27
comments(0), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:27
-, -, - -
Comment