RSS | ATOM | SEARCH
変わりゆく故郷

 

 

 

先日、岡山での個展もあり

7ヶ月ぶりに帰省致しました。

 

故郷は深秋の装いから初冬へと変わりゆく最中でした。

 

目に映るもの全てが美しく

感動のあまり涙が溢れること度々。

 

東京在住になって10年。。。

帰省を重ねる度に、

故郷を新鮮な目を持って見つめることが出来ています。

 

 

そこには、切なさや寂しさを含蓄しつつも

悠久なる生命の力強さと煌めきが満ちていて

この上なく「豊か」さを感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、実際には数々の現実的変化も感じられ

心配や不安、悲しみや虚無感にもさいなまれました。

 

 

ですが、そんな時にも

身近に豊かな自然が悠々と生きているのを目にしますと

不思議と心のくたびれが治るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯れて尚美しく

終焉を迎える側に新たな息吹の存在あり

水清らかに流れを留めず

冬の大気にあたたかな生命の声が聞こえてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由も因果もわからない

様々な心情を抱えていても

故郷の自然に包まれると安心する。

いつも何があっても「大丈夫だよ」とささやいてくれる。

そんな気がする。

 

 

 

改めて、

私はこの故郷と家族に育まれたのだと思って

感謝至極にございます。

 

 

 

 

今、私は私の居る場所で

今こそ、自分の足で立ちたい。

 

そんなことを思った帰省となりました。

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 01:29
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:29
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。