RSS | ATOM | SEARCH
夏の思い出 Istanbul

 

 

 

秋も深まる今日この頃。

 

遅ればせながら夏の思い出の締めくくりを。

 

 

 

悪天候のために遅れに遅れた飛行機。

それでも夜分にようやく離陸したのですが

既にトランジットは叶わず、イスタンブールに着陸。

 

飛行機会社の計らいでイスタンブール市内のホテルに一泊となりました。

入国予定のなかったトルコ。

まさかの展開で丸1日イスタンブールを楽しめる嬉しさと

深夜から朝方まで気が気でないまま起きていた

家族皆の疲れとで複雑な心身。

 

しかしながら、せっかくなので!

約8時間の猶予を思う存分楽しみました。

ありがたいことに、主人は2度目のイスタンブールだったので

短時間で見ておくとよさそうな場所とルートを考え

家族でまたまた歩き通しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとっては今まで味わったことのない異国情緒。

アジアでもなくヨーロッパでもない気に興奮と目眩。

 

世界情勢から多少の緊張感を抱きつつも

随分とゆったりとした人々と犬猫の生活を垣間見て

お陰様で、ただただ楽しんでワクワク致しました。

 

イスラム芸術でありながら

トルコ独自の芸術感覚や思想もミックスされているようで

幾何学的でも花等植物が配置された豊かさが伺えたり、

カリグラフィーの美しさと迫力に圧倒されたり、

どこを見渡しても終始胸が高まるのです。

 

 

 

様々な国、人、文化や歴史、、、

その歩みは今日に至るまで、計り知れない物語があり

そして今を紡いでいること想像すると

またまた目眩がするのでした。

 

素晴らしい街だった!

 

 

 

 

偶然とはいえ、今回イスタンブールにも行けたことは

今後いつかどこかで何かに繋がる予感とともに

深夜便で日本へ向けて離陸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本上空で朝日が迎えて下さったので

思わず合掌してしまう。

 

 

 

 

この夏休みは私に大きなものを残してくれました。

特にデュッセルドルフのインゼルホンブロイヒ美術館。

ミュンスターやカッセルの自然環境。

そしてイスタンブールで感じた端正さと熱気。

大きな大きなマグノリアの木。

 

 

新鮮な感動と刺激を得て

今後も描き続けてゆくための大切な糧となったのです。

 

 

 

 

 

なにより、主人に深く感謝しております。

今まで触れたことのない世界を沢山見せてくれて

ありがとうございます。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:54
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:54
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。