RSS | ATOM | SEARCH
夏の思い出 Kassel~Munster

 

 

 

8月末のことですが、家族で遅い夏休みに

海外へ行って参りました。

 

 

成田からドイツ・フランクフルトへ。

フランクフルトからカッセルへ。(カッセル2泊3日)

カッセルからミュンスターへ。(ミュンスター2泊3日)

 

 

 

ドイツ中部のカッセルでは5年に1度開催される

「ドクメンタ」という世界最大規模の現代アート祭典があり、

ミュンスターでは「スカルプチュアプロジェクト」という

10年に一度の現代彫刻の祭典があり、

それらを鑑賞する目的で訪れたのです。

 

 

 

しかしながら、

私はこの旅で何かを得る!取材や研究のため!

っといった貪欲なまでのアートへの意欲とはかけ離れ、

大作完成直後という状況もあって非常に空っぽでフラットな心情のまま

私自身はこれから何に出会い、感じ、動くのか未知を楽しむだけの

お気楽な夏休みの心づもりで行ってまいりました。

 

 

 

娘は3歳のバリ島以来、2度目の海外旅行。

長い飛行機の中でも充分に楽しみ

旅の間中も頼もしいほど健やかに過ごしておりました。

その成長ぶりに大変感動致しました。

 

 

 

時系列で写真を掲載致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッセル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き通しで疲れた娘。夕食が運ばれてくるまでぐっすり。

 

 

 

 

 

 

何の花だろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンスターへ向かいます。

 

 

 

 

 

 

この旅で娘が編み出した自分好みの食べ合わせは

チーズ+ジャム!

余程気に入って、ジャムの種類も変えつつ

毎朝楽しんで食べておりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

娘、コーヒーデビュー。

一口だけ飲んで「うん、おいしい」でおしまい。

 

 

 

 

 

↓ミュンスターでは偶然朝市に出会して大はしゃぎの私。

目に口に心になんとも幸福な光景でした。

活気があり、現地の生活を感じ、

溢れる花や食物の力を感じ、

この土地の豊かさを感じて満腹満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日、必ず1万5千歩以上歩き

日によっては2万歩以上を歩き通しました。

(娘、素晴らしかったよ。ありがとう。)

 

 

 

アートを観て巡るのは、主人の仕事の一環でもあります。

私個人は貪欲に何かを得ようとしない旅と言いつつ、

これだけ歩き回ってアート鑑賞をしていると

やはり意欲的になってしまいました。

 

っにしましても、アートそのものよりも

写真を見返しますと、花・自然、家族・娘、生活の風景への

眼差しの方が多いことに気づかされます。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。