RSS | ATOM | SEARCH
故郷を満喫中

 

 

ごきげんよう。

 

 

随分と機嫌良く過ごしております。

なぜなら故郷へ帰省中なのです。

実家にて、上げ膳据え膳の如し。

 

 

 

 

 

7ヶ月ぶりの帰省。

思うこと感じること多々。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い表しがたい思いにかられながら居ます。

 

 

 

 

 

 

私とはまた違った視点と心持ちで過ごしている娘。

暮らしの中での登場人物が多くて至極楽しそう。

家の中でも外でも、話をしたり挨拶出来る人が沢山。

しっかり楽しんで、お昼寝も夜の就寝もぐっすり。

 

 

 

 

 

 

 

 

某日、母と弟に「明日帝釈いく?」

っと突然言われて便乗しますと「廃校ノスタルジア」でした。

 

使われなくなった学校の備品をリサイクルな形で販売されていて

懐かしいもの、面白いもの、嬉しいもの、、沢山ありました!

 

 

前回の開催で学んだ母弟はOPEN1時間前には会場到着。

それでも直ぐに長蛇の列が出来てゆきました。

 

会場外に設置されたテナントも楽しくて

素敵なカフェやそそられるフードだらけで

ついつい買ってしまうのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の戦利品。

絵本5冊で100円!(私は4冊)

 

 

 

 

 

 

↓5品で100円! 安い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、色々思うのです。

 

都会と田舎、世代、、、

 

 

 

娘に義父母や祖父母達が言うのです。

「あ、ここにエビが入っとったよ!食べぇやぁ!」

可愛い孫に美味しいものやご馳走をすすめてくれるのですが

娘は「あぁ、もう食べましたから大丈夫です」って。

 

義母や祖母は白い砂糖のストックに余念がない。

白い砂糖が大切だったり、バターが大切だったり

その世代で宝のように感じるものがあるようです。

 

 

 

 

私が子どもの頃はコンビニもなく

山間部なのでしゃれた店もなく

カフェなんて勿論なくて

ソフトクリームやフランクフルトや

ファストフードに憧れたのです。

たまーーーに、何処かに行ってそれらを食べられた時の

嬉しさったら!美味しさが嬉しさで倍増!

そういうの、今も忘れられません。

 

普段ないようなイベント事も同じで

たまーーーーに味わう至極の楽しさって

心に記憶にしっかり刻まれます。

 

 

 

 

東京で過ごしていて、

沢山のイベントがあって、素敵なものが普段からお店に溢れていて

どこにでもコンビニがあってカフェがあって

なんでもあるような世界に感じられる

 

東城に久しぶりに帰省して、

充分なお湯が出なかったり、トイレの便座が冷たかったり、

(今ではコンビニはありますが)

以前住んでいた時は当たり前だったことが不便に感じてしまう。

 

 

 

だけれど、二日も過ごせば慣れと工夫でなんてことなし。

 

 

 

 

そして今度は

東城で過ごしていて、石が転がる土の道を歩きながら

自然の豊かさの中にすっぽりと入ると

なんでもあるような世界に感じてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15年くらい前の私の絵に、娘が描き足す。

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに(1年以上ぶりかも!?)会えた友達!

友達の次女は娘と同じ年。

気が合うようで、再会して直ぐに駆け回っておりました。

束の間だけど楽しかった−。ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

娘、至福のひとときらしい。。。

夜、こたつに足を入れて、

はっちゃん(私の母)とTVを見ながら煎餅を食べる。。

 

 

 

 

 

 

 

あと数日だけれど、のんびり過ごしながら

故郷をしっかり見せていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 11:22
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:22
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。