RSS | ATOM | SEARCH
2016 お盆

 

 

 

 

故郷にて、濃密な毎日を過ごしています。

 

 

今年も元気にお盆を迎え、そして送ることが出来て幸いです。

 

 

 

来る日も来る日も、色が笑う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兎に角小さな盆地町なので、

兎にも角にも実家は鰻の寝床のようなので、

昔っから、光と影のコントラストが強く感じた。

っと今更わかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もいいお盆でした。

 

迎え火は義父母と娘と、お墓へ。

送り火は母と弟と娘と、実家のお墓へ。

 

偶然のような装いの必然で

両家は徒歩圏内。

 

 

 

 

大切な友達にも会えて、幸せ。

娘も気の合うMちゃんと遊んで大満足。

楽しかった!元気出た!ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ毎日、朝夕2時間程度づつ、畑へ写生へ。

 

そのまま絵にしようっとか下手な作為があると

スケッチや写生はそこで出来上がってしまう。

いいスケッチやいい写生が出来た!っとのぼせて終い。

 

作品にした時、スケッチや写生から抜け出せなかったり

作品より、スケッチや写生の方がいいなんてこともある。

切って貼ったような絵は描きたくないものね。

 

日本画において写生の重要性はよく言われているけれど、

表面的にそっくりそのまま上手く描くとかの意でなく、

対象との対話の姿勢だとか、精神性が問われる。

 

下手に神妙な考えを巡らせるより、

無心に写生するほうがずっといいかもしれない。

 

その時々のパッションに溺れたり、安い思いつきで

人が自然を力任せに(力ずくで)ねじ曲げないよう、

自然(生命)の神秘を習うように謙虚でありたい。

 

余談(山雪の老梅図なんて、

作家に合わせて自然の方から動いてくれている感が凄いと思う。

って、どこかで読んだ話かもしれない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母撮影。

 

ずっと百日草の写生。

茎と葉と花に驚きが止まない。

 

 

取り留めなく描き続け、スケッチブック1冊分写生。

 

楽しいをそのまま職にさせて頂き、感謝しかありません。

 

ある意味では安心安堵の極みですが、

ある意味実生活では非常に不安定の極み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は毎年恒例のハブ茶作り!

娘と一緒に手伝います。

 

まだ目の前でお腹出して寝てる娘、、、

朝ですよ!起きてよーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 06:26
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:26
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。