RSS | ATOM | SEARCH
8月11日の眼

 

 

 

カラーとモノクロ

 

娘の写真は現在感満載でカラーが良く似合う。

故郷の姿を撮る時は、過去や現在・未来を行き来できるような

モノクロが良く似合う、気がする。

 

 

 

 

 

 

父のバラ。

 

 

 

 

 

 

 

今年は6世帯も巣を作って玄関先が賑やか。

無事に巣立って万々歳。

 

 

 

 

 

 

祖母(娘からしたら曾祖母)の作る食事で大きくなった私。

厚揚げ、お皿から転げ出てるよ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故郷で過ごしていた20代半ば。

当時借りていたアトリエに捨てられていた子犬。

従姉妹のSちゃんが引き取ってくれて、N家でずっと過ごしています。

毎回会うけど、覚えてくれてる様子。

ペコちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のところ毎日夕方から畑へ。

 

畑が良く似合う娘の姿がカッコ良くて、

「カッコイイーーー!」っと親バカ発言連発です。

 

 

美し尽くし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残暑厳しい日中ですが、朝晩の冷え込みも大したものです。

 

いい夏休みを過ごしています。

 

 

 

 

私「百日草は強いなぁ。」

 

母「強いということは、かわいくないんだー」

 

っと言うけれど、わんさか育てています。

 

 

 

百日草はその鮮やかな花に先ず眼がいきますが、

強い強い茎を眼で追うと、驚嘆します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 22:04
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:04
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。