RSS | ATOM | SEARCH
勘の連鎖でインプット



制作が一段落。
インフルエンザも咳を残して一段落。


次作に思いをはせつつ、準備期間。

勘に任せて思いつくままに過ごす。




月を隔ててみると、先月末の10日間は心身共に辛かったな。
今月に入ってからはガラリと楽になっている。

某日、水木しげる大先生をしのぶ会には行けなかったけど
自宅にて偲んでおりました。






T君Mちゃんにいただいた今年の水木さんカレンダー。
画室で使っています。







どのページも好きだけど、この言葉なんてとても印象的。
「私はヒーローが嫌いです。
なぜならヒーローはお金を欲しがらないでしょう?」って。





まだ板絵最後の1枚を描いていた時、
ふいに再読したくなって手にとったのが↓の2冊。
乾き待ちに読んでおりました。





「猫楠」水木しげる

この本は私のバイブル。
熊楠に関して粘菌とかトリニティな構造を持つ世界観とか
宇宙的なところとか
そういった凄みは勿論あるけれど、
私の小さな目線は親となった熊楠に特に注がれるようで
熊弥がくるってしまってからの話には胸が詰まるし
描きためた粘菌スケッチを一瞬にしてなくしてしまう場面などは
何度読んでも涙がこぼれる。
熊楠の最期の言葉にも、やはりたまらず涙が溢れる。

大天才で大怪人の熊楠だけれど、熊楠の持つ人間味に触れると
とたんに情緒の坩堝に飲まれて共に喜怒哀楽が出て来る。

これを描き上げた水木大先生にも感動する。







どうにも気に掛かっていたもう一冊。
「縄文 聖地 巡礼」坂本龍一・中沢新一

「猫楠」のあとがきに水木大先生と中沢氏の対談もあって
ほどよく連鎖していった。

再読だけど、前回とは全く違って読めてくるのが面白い。
忘れるのが得意な私だから、また新鮮に読めてお得?


さてこの本の中で
>熊楠「日本人の情緒の基層」
>岡潔「情緒は創造の源泉だ」

それをね中沢氏はこう言ってるのね
>「脳のなかの対称性無意識が感情と合体しながら超論理で働く」

三者三様ですが、「情緒」って思ったよりも意味深。
私が扱うにはまだまだ意味すらわかっていないことだけが
わかりました。。。






そして板絵が完成して納品して一段落したら
急に見たくなったDVDがございましてね、
主人に言ったら、ちょうど主人も必要だったらしく
即借りてきてくれました。

「ワールドウォーZ」と「FURY」

どちらも一度見ていたのですが、
なぜだかここにきて、どーしても!見たい!っとなったわけです。
(別に2作共に出ている有名俳優さんが見たいからではない)


戦争に関してとか、色々見方はあるでしょう。


今回は妙に「HOME」という言葉が印象的だった。
Zの方では家族との連絡の為の電話に
妻は旦那の名前を入れ、旦那は家族の名前でなく「HOME」と。
FURYではFURY自体が「HOME」なわけで。
次から次へ休むこと無く続く闘いの中で
守るはHOMEという家族だったり国だったり。
勿論他にも思うところは色々ございますが、
私が映画を評するなんてとんでもなく、
ただただ自分の勘が今どこに向いていて何を見いだそうとしているのか
それを連鎖の中で追っているだけなのです。





DVDで言いますと、昨年末から「カンフーパンダ」にはまって、
今年に入って先ず見たのが
「イップマン序章」「イップマン葉問」「捜査官X」
っというドニー・イェン続き。
太極拳とかカンフーとか、中国武術に魅力を感じます。
時代背景には苦しい思いが込み上げますが。
「イップマン3」の日本公開が楽しみ。






そして、連鎖反応で欲しい本を求めて下北のB&Bへ。
隅々まで探しても見つからなかったので店員さんに聞くと
「いつもここに、、、ある、、、んだけど、、、ない」
っということで買えなかった。
けれど、もう一冊読んでみたかった本が、ここにはあった!

故郷の大好きな本屋WeのSさんがFBに掲載されていた雑誌。
「ヨレヨレ」






インパクトありますよね!



「ぼける前に読んでおきたい「宅老所よりあい」のおもしろい雑誌」
ちょっと特殊な雑誌。

詳しくは→「宅老所よりあい」
って、あれ!?PCが変?今リンクが張れないーーー!
ので、どうぞ興味のある方は調べてみて下さいませ。





私は、おもしろいな!って完読。
Sさん、素敵な本の紹介をありがとうございます!
(っとここで言ってみる)

義理・人情・世間体、、、
血が通っている人と人のやり取り、
絶妙な方言、、、、。




難しい言葉の応酬だったら
私は直ぐに打ち砕かれて読めない・わからない。
けれど、「ヨレヨレ」は随分と読みやすくて
面白くって、重くない。
けれど、重くないけれど、もの凄い余韻が残る。




あれ? もしかしてここに私が考えたい「贈与」や「情緒」が
書いてないか?って感じた。

「ヨレヨレ」買い足そう。










さて、明日は節分。
恐い鬼が拙宅にも来るそうです。



さて、明日は機材抱えて絵の撮影へ。




いつからか「楽しむ」ってことを忘れていたので
ちょっと楽しんでみようと思います。






それから、そう
今年の大寒で初大師の日が私の誕生日だったのですが
広島の後輩でお友達のRちゃんの二児が同日にご誕生!
広島から京都へ嫁いだお友達Kちゃんの二児も同日にご誕生!
(RちゃんとKちゃんは面識なし)

おめでとうございます!

っと同時に、なんとも言えない不思議な気持ち。

自分の誕生日に、お友達のお子様、しかも二人も、同じお誕生日。
その日が自分だけの誕生日でないのは勿論なのに
なんといいますか、生命の循環を感じずにはいられないような
あぁ私も歳を重ねてゆくところへゆくリアリティが増したようなね。


ふふふ


ははははは




くーーーー、やりたいことはやるぞーーー!
(勝手にして下さいっと自分で言っておきます)






















 
author:矢吹沙織, category:本・物・映画のコト, 15:48
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:48
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。