RSS | ATOM | SEARCH
必殺・仕事小人


帰省中、娘は遊ぶだけでなく
色々と仕事を手伝ってくれました。




毎年実家ではハブ茶を仕込みます。
これを一年中朝昼晩と飲むのです。






















途中、他の所用で(私の)母と娘が出かけても
帰宅してすぐに自分の席に戻って作業を開始する娘の姿を見て
(私の)祖父は大変関心しておりました。
祖父「はぁー、東京さぁーはすごいのぉー」






翌日は実家の母・私・娘と3人で
奥出雲の船通山へお水取りへ。

この船通山へのお水取りは大変思い出深いものがあります。
正確には私でなく、母にとって思い出深いのです。
他界した父が息を引き取る前日、
弱った身体で急にお水取りへ行く準備をし始めたそうで、
母と弟は忙しい仕事の合間に一緒に行ったらしいのです。
今まで行っていた場所でなく、父は急に船通山を指示して
そこでお水を頂いて帰ったらしい。
重いお水を車に持ち上げて入れる力もなく
帰りの車内では助手席にぐったりとしていたらしい。
そして、翌日の午後には。






さて、
生憎の雨で、娘には車内で待っていてと言ってもきかず
懸命にお水汲みを手伝ってくれました。

娘「だいじょーぶよ!自分でできるのよ!」
「風邪ひかないのよ!!」

っと強気で頼りになる仕事人の発言に
母と私は感心したり笑ったり。


その後、3人でローカルスーパーを楽しみ、
昼食は母おすすめの稲田神社内になる「ゆかり庵」で出雲蕎麦を。





























ここ、素敵でした!
お蕎麦も美味しかったけれど
地元の天日干しされたお米のお結びが気に入った!
是非また晴れた日に伺いたいなぁ。






勿論、稲田神社へも参拝。
御朱印帳を持参したものの、お蕎麦屋さんで伺うと
95歳になる宮司さんが今日はいらしていないので
御朱印は出来ないとのこと。
たまにはいらっしゃるらしいので、これもタイミングだな。

簡素ながら、とってもいい気の神社でした。







帰路、思いがけずトロッコ列車に遭遇!
なんだか得した気分。





さて、お盆が明けてから主人も帰省してきました。
娘は「おとーさーーーん♥」

一緒に両家のお墓参りをしたり、神龍湖に行ったり。










































































主人や私には勿論、
娘は皆に愛され、そして皆を愛してやまない様子。
「きらい」がまだないのです。
大好きな皆に「♥」で抱きついてゆくので
だれもがニコニコになってしまう。
必殺・愛の仕事人。



普段出来ない遊びにも沢山興じました。
プール、虫取り、塗り絵、迷路、畑、田舎ドライブ。。。




娘の塗り絵は独創的。。。











































義父母宅では二回目の素麺流し!
義父さん、いつも大らかな優しさをありがとうございます!
義母さん、いつも行き届いたお気遣いをありがとうございます!




















これ↑はね、初っちゃん(母)が育てた黒トマト!
緑から、黒、そして赤へと熟してゆきます。
この黒の美しいこと!
写真には撮りきれない黒の美しさでした。
いいもの見れたわぁ。
黒から赤へ変わると食べ頃なのですが、柔らかい実で
畑でもぎ取って食べるととても美味しかったです。

黄色のプチトマトも、イタリア種のロッソロッソも、黒トマトも
それぞれに違った食感と味わい。

色も形も美味しさにも色々あって、
そこからまた何やら教わる心地がしました。












今回も帰省の持ち帰りはご近所さんの
超群のお酒と、後藤酢さんの赤酢。
その他奥出雲で買ったお蕎麦や、東京のスーパーでは見かけない
お砂糖やお塩や押し麦等々。

後藤酢さんへ伺うと、懐かしい自分の作品に出会いました。











ありがとうござます。





さてさて、こうして約3週間の帰省が終了。




たのしかったなぁ。





今回は主人の車で東京へ向かいました。
娘、初の長距離移動。



両家それぞれ総出でお見送り頂き感謝申し上げます。
矢吹の(娘の)曾祖父の涙目を横目に
娘「まったねーーー!」
っと元気に出発致しました。






故郷へ。
いつも暖かく迎えて下さり心から感謝しております。


私、本格的に描き始めることによって
感謝を示したいと決めております。

自分が思う生きることをしたいと。











 
author:矢吹沙織, category:故郷のコト, 23:00
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:00
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。