RSS | ATOM | SEARCH
夏の思い出 Istanbul

 

 

 

秋も深まる今日この頃。

 

遅ればせながら夏の思い出の締めくくりを。

 

 

 

悪天候のために遅れに遅れた飛行機。

それでも夜分にようやく離陸したのですが

既にトランジットは叶わず、イスタンブールに着陸。

 

飛行機会社の計らいでイスタンブール市内のホテルに一泊となりました。

入国予定のなかったトルコ。

まさかの展開で丸1日イスタンブールを楽しめる嬉しさと

深夜から朝方まで気が気でないまま起きていた

家族皆の疲れとで複雑な心身。

 

しかしながら、せっかくなので!

約8時間の猶予を思う存分楽しみました。

ありがたいことに、主人は2度目のイスタンブールだったので

短時間で見ておくとよさそうな場所とルートを考え

家族でまたまた歩き通しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとっては今まで味わったことのない異国情緒。

アジアでもなくヨーロッパでもない気に興奮と目眩。

 

世界情勢から多少の緊張感を抱きつつも

随分とゆったりとした人々と犬猫の生活を垣間見て

お陰様で、ただただ楽しんでワクワク致しました。

 

イスラム芸術でありながら

トルコ独自の芸術感覚や思想もミックスされているようで

幾何学的でも花等植物が配置された豊かさが伺えたり、

カリグラフィーの美しさと迫力に圧倒されたり、

どこを見渡しても終始胸が高まるのです。

 

 

 

様々な国、人、文化や歴史、、、

その歩みは今日に至るまで、計り知れない物語があり

そして今を紡いでいること想像すると

またまた目眩がするのでした。

 

素晴らしい街だった!

 

 

 

 

偶然とはいえ、今回イスタンブールにも行けたことは

今後いつかどこかで何かに繋がる予感とともに

深夜便で日本へ向けて離陸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本上空で朝日が迎えて下さったので

思わず合掌してしまう。

 

 

 

 

この夏休みは私に大きなものを残してくれました。

特にデュッセルドルフのインゼルホンブロイヒ美術館。

ミュンスターやカッセルの自然環境。

そしてイスタンブールで感じた端正さと熱気。

大きな大きなマグノリアの木。

 

 

新鮮な感動と刺激を得て

今後も描き続けてゆくための大切な糧となったのです。

 

 

 

 

 

なにより、主人に深く感謝しております。

今まで触れたことのない世界を沢山見せてくれて

ありがとうございます。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:54
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Venezia

 

 

 

すっかり秋ですが、夏の思い出の続きを。

 

 

チューリッヒでトランジット後、スイスエアでベネチア入り。

スイスエアでもらったチョコレートが美味しくて

うっとりの娘さん。美味しかったね。

 

ベネチアは合計3泊4日の滞在でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方には空港到着。

そこから水上バスでサンマルコに着く頃には夜も更けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活気のある地元感溢れるお店で夕食を。

長い移動にも疲れをみせない頼もしい娘に感謝。

 

 

 

 

翌朝から早速ベネチアビエンナーレを見て回ります。

朝から晩までアート三昧。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持って行っていた筆箱が破れたりして破損したので

母子でおそろいのペンケースを購入。

嬉しい嬉しい娘さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日目を歩き通してジェラートで乾杯な夕刻。

 

翌日も朝からアート三昧。

主人は遠くの会場へ出かけたので、お昼までは母子だけで散策。

英語もイタリア語も話せず、日本語もたどたどしい私娘、、

ちょっぴりドキドキしながらも随分と楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして主人と合流、またまたアートを巡る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから↓のダミアン・ハーストは圧巻でした。

新作をたっぷり見れて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ここまでがダミアン・ハースト。

 

さて、まだまだアートは続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日目も歩き通した家族3人で祝杯を。

主人が行きたかったお店を予約してくれたので、

地元でも人気らしいお店の美味しい夕食を頬張りました。

このお店、ほんっと美味しかった!

こんなボンゴレ食べたことなかったですもん。

満足満腹で、明日に備えて就寝。

 

 

翌日は移動日だったので、近場の美術館などを見てから

水上バスに乗り込み、リド・ディ・イェゾロへ。

ここは完全に娘接待。

ずーーっと歩き通して、連れ回して、アートばかりだったので

娘の喜ぶプールと海へ行ったのです。

父母もやっと一休み。

リド・ディ・イェゾロって、熱海みたいな雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、朝方には派手な嵐だったので、

お昼間の浜辺も閑散としていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、いよいよ旅も終わりです。

イスタンブールを経由して日本へ!

 

 

のはずが、、、待っても待っても飛行機が来ない。。。

悪天候で遅れているらしい、、、

刻々と時間が過ぎて、もう既にトランジット出来ないことが判明。

数時間後にようやく離陸したものの、イスタンブールで足止め。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予期せぬトラブルでハラハラしながらも

主人が賢明に立ち回ってくれたので、母子も賢明に待つ。

 

航空会社の計らいで、イスタンブール市内のホテルに1泊となりました。

 

だけれど、、、スーツケースは手元になく、

着の身着のままの1泊2日を得たのです。

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 15:26
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Dusseldorf

 

 

夏の思い出の続き。

 

 

 

デュッセルドルフは一泊二日の滞在でした。

午前中に到着してすぐに向かったのは

ちょっと郊外にある「インゼルホンブロイヒ美術館」。

 

 

ここが素晴らしかった!

 

 

の話しの前にデュッセルドルフに付いてホテルに荷物を預け

すぐに駅を向かう途中に気づいたのです、、、

私の白いブラウスの肩に、白い落下物が付いているではありませんか!

もともと鳥類がめっぽう苦手な私、中でも鳩は大嫌いなのです。

おそらく、、、その鳩でしょうね、、、

でもなんだかうっすらっといいましょうか、

許せる範囲の汚れだったのです。

今思えばよく平気だったなっと思うのですが、

その時はウェットテッシュで綺麗に拭き取ってハイおしまい。でした。

 

 

 

そして、電車とタクシーでインゼルホンブロイヒ美術館へ。

 

 

 

 

広大な土地にその地形と環境を活かした美術館。

美術館っというか、私にとっては夢の国でした。

 

 

豊かな自然環境、所々に簡素ながらも存在感ある建物、

作品には一切のキャプションがなく、

ばらばらのようでいて不思議と統一感のあるコレクション、

手入れし過ぎない絶妙な庭師の仕事、

この土地で取れた無料(入場料に含まれる)の食事、

なにもかもが、

今までで一等気持ちの良い思い出の場所となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族で歩いたり、娘と歩いたり、

ふとした時、一人の時間も頂いて歩いていたのですよ、

そうしますと、、、、

 

もう、美しくて美しくて、豊かで、光輝いていて、

 

涙がこぼれ落ちるのです。

 

泣きながら歩いていると、主人と娘が居て、

泣いている私を見つけて笑うのですよ。

 

笑う二人を見て、二人の存在を確かに感じていたら、

更に涙が出るのですよ。

なんてありがたいのだろうっと。

 

 

とても素晴らしい経験をさせていただきました。

 

主人へ、心からお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

そこへ、主人のお友達のMさんが車で迎えに来て下さり、

そのままロケットセンター辺りも鑑賞させていただき

随分と楽しませて下さいました。

ありがとうございます。

 

そこからMさんの車で

ライン川の畔の地元感溢れる素敵なお店に連れて行って頂き、

美味しい夕食とビールと会話をご一緒しました。

 

現在デュッセルドルフ在住のアーティストのMさんは

とても穏やかな話し方と物腰の柔らかさや手の仕草に

ご出身である京都の気がしっかり身についていらっしゃるように

感じられました。私の勝手な感想ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和やかに食事が始まった頃、、、

私の背後に大きな音とともに衝撃を感じ、ドキリ!

 

おそるおそる振り返って見ますと、、、

今まで見たこともない大きく大量の鳥のフンが!!

(詳細自粛)

 

この旅行のために買った黒いバッグに直撃。。。

跳ね返っただろうモノが私の白いブラウスの背中に。。。

 

 

時は食事中、、申し訳なく、恐縮しながら事の次第を

主人とMさんと娘に話しました。

主人が!!っと驚きながらも立ち回って下さって諸々の処理を。

娘は「おかーさん!うんちーー!やーー!うんちついてるー!」

っと盛り上がっておりました。

Mさん「一日に二回も当たる人、始めて見ました。。」。

すみません。

 

 

 

見上げてみても青い空。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、アートなホテルを後にして、急遽バッグを買いに。

例のバッグはやむを得ず破棄。。。

とりあえずなので、ZARAで程良いものをチョイス。

 

ついでにシュタイフも覗きつつ、束の間のお買い物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして空港へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お次はチューリッヒを経由してベネチアへ。

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 19:55
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Kassel~Munster

 

 

 

8月末のことですが、家族で遅い夏休みに

海外へ行って参りました。

 

 

成田からドイツ・フランクフルトへ。

フランクフルトからカッセルへ。(カッセル2泊3日)

カッセルからミュンスターへ。(ミュンスター2泊3日)

 

 

 

ドイツ中部のカッセルでは5年に1度開催される

「ドクメンタ」という世界最大規模の現代アート祭典があり、

ミュンスターでは「スカルプチュアプロジェクト」という

10年に一度の現代彫刻の祭典があり、

それらを鑑賞する目的で訪れたのです。

 

 

 

しかしながら、

私はこの旅で何かを得る!取材や研究のため!

っといった貪欲なまでのアートへの意欲とはかけ離れ、

大作完成直後という状況もあって非常に空っぽでフラットな心情のまま

私自身はこれから何に出会い、感じ、動くのか未知を楽しむだけの

お気楽な夏休みの心づもりで行ってまいりました。

 

 

 

娘は3歳のバリ島以来、2度目の海外旅行。

長い飛行機の中でも充分に楽しみ

旅の間中も頼もしいほど健やかに過ごしておりました。

その成長ぶりに大変感動致しました。

 

 

 

時系列で写真を掲載致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッセル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き通しで疲れた娘。夕食が運ばれてくるまでぐっすり。

 

 

 

 

 

 

何の花だろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンスターへ向かいます。

 

 

 

 

 

 

この旅で娘が編み出した自分好みの食べ合わせは

チーズ+ジャム!

余程気に入って、ジャムの種類も変えつつ

毎朝楽しんで食べておりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

娘、コーヒーデビュー。

一口だけ飲んで「うん、おいしい」でおしまい。

 

 

 

 

 

↓ミュンスターでは偶然朝市に出会して大はしゃぎの私。

目に口に心になんとも幸福な光景でした。

活気があり、現地の生活を感じ、

溢れる花や食物の力を感じ、

この土地の豊かさを感じて満腹満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日、必ず1万5千歩以上歩き

日によっては2万歩以上を歩き通しました。

(娘、素晴らしかったよ。ありがとう。)

 

 

 

アートを観て巡るのは、主人の仕事の一環でもあります。

私個人は貪欲に何かを得ようとしない旅と言いつつ、

これだけ歩き回ってアート鑑賞をしていると

やはり意欲的になってしまいました。

 

っにしましても、アートそのものよりも

写真を見返しますと、花・自然、家族・娘、生活の風景への

眼差しの方が多いことに気づかされます。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:53
comments(0), trackbacks(0), - -
東城と東京の間



帰省も終わり、家族揃って車で東京へ。
っと言っても長い道のり。。。
娘3歳にはまだ厳しいかな〜
っと言うのと同時に父母にも厳しいかな〜
っということで、途中一泊を三重県にて。




私娘、初のお伊勢参りで御座います。


先ずは伊勢神宮さんから少々離れた場所でのんびり
疲れを癒やしました。
ホテルの近くに漁師町があって、そこが私には面白かった!
山育ちの私には異国に思える程の違い。




































































凝縮された町。
高低差が激しく、迷路のように入り組んでいて
案の定迷子。これが面白い。

用意された場所では味わえない体験。














迷子になるほどに歩き疲れた後の夕食は最高!

温泉もようございました。

さーて、もう一回温泉つかって寝ようか!っと思っていたら
娘がひらりと一枚のチラシを。。。
「夜光虫・海ほたる見学」
え!?あ!行こうか!?
っと言うことで急遽参加。



青白い光、、、見えます?

夜光虫ってどこにでもいるらしいけれど
山育ちの私には物珍しくて感動。
海ほたるはここ数年、この時期にだけ見られるようになったとか。
手で触らせて下さいました。

思いがけない体験に感謝。




そして、ぐっすり就寝。


しかしながら、私は蠅におこされて朝日を拝む。。。
つもりが、曇りでした。






おそらく、これは神島(のはず)。
水木しげるさんの「猫楠」以来、南方熊楠ファン。
なので、かの神島を感じてみたかった。
がしかし、神島って沢山あるのね。。。
これはこれで三重県の神島。
見たかったのは和歌山県の神島(かしま)。
島違いでした。






そして、翌日は外宮と内宮へ。

本来、早朝参りがしたい私ですが、諸々困難なので
なるようになるさで出発。
案の定、、、色々困難がありつつも、無事に参拝出来ました。






































































私、なんだか今回はあまり写真を撮りませんでした。
撮るのに夢中になってしまう質だから。
なんとく、恐れからか、謹んでしまった。







無事に参拝して、一息ついている図。
あーーー、蒸し暑かった!
けれど雨が降らなくて助かりました。

娘もよく頑張って歩きました。
いや、結構抱っこした私、、、良く頑張りました。





そして、旅の思い出にひたることなく
夜11時過ぎには東京着。
翌日は大量の洗濯や掃除、、、
そして足が痛いと訴える娘の靴を見に早速下北沢へ。





やぁーーー、目まぐるしい!



この日の夜は主人のお友達様宅にてA君のお誕生日会。













出会った頃は3歳だったA君が11歳。。。
そして娘が産まれて3歳。。。
なんとも感慨深い。

楽しい夜をありがとうございました。







そうそう、早速出雲蕎麦を食べたり、
早速実家からいただいたお皿を使ってみたり、
、、、、、


止まることなし。




あぁ、楽しかった!

そして
あぁ、、、疲れた!






今日から娘は登園。
普段の生活をスタート。
私も制作に向かいたい。






 
author:矢吹沙織, category:旅のコト, 12:00
comments(0), trackbacks(0), - -
旅の終わり



最終日、ニュピ当日。

この日はホテル内でのんびり。













連日のプール遊びは欠かせない娘。



事前に買っておいた食料でお昼はすませ、
夕食はオーダーして部屋のテラスで。







またナシゴレンを食べる私。
娘はスパゲッティーボロネーゼが大好物。

























静かに厳かに日が暮れてゆきました。
試しに通りを覗いてみても、人っ子一人歩いていません。
誰しもニュピの禁を守るなんて、素晴らしいなぁ。

これ、日本で行ったらどうなるだろう。
面白半分に出歩く人多発だろうなぁ。

根付いた宗教や文化。
伝承し続けることの重要性。





変化し続けることも、守り続けることも
どちらも大仕事。
どちらも同時に営むからカオスが生まれる。







クリナン バクン
(英名 スパイダーリリー)

百合だそうです。とっても繊細で美しい花でしたよ。















それにしても植物の自由奔放なこと!
存分に日光を浴び、のびのびと大らかに葉を茂らせていました。
パパイヤもココナッツもたわわに実っていました。
さすが南国。

しかしながら、私がここに生まれ育っていたら
きっと日本画はおろか、植物を描かなかったかもしれない。

陽の光も違うから、見えてくる色もまるで違う。
いつ何時も眩しいほどの色が溢れている。



日本の植物は狭い日本の中で、四季という移りゆく季節の中で、
南国の植物と比べるとちょっとだけ窮屈に、
ちょっとだけ不自由に生きているのかもしれない。
だけれど、だからこそ、その時時の姿に感動させられる。

元気で自由で、外へ向けて押っ広げな良さもあるけれど
少し内向的で繊細さも伺える日本で見る植物に
私は自らを投影しやすい。
日本画に描かれる植物や動物がどこか擬人的なのも
動植物そのものを描こうとしているのでなく
もっと広い思想のもとに
作者がその対象に投影されているのだと思う。

人も動植物にも、お国柄はありますよね。






















娘「あ、神様のお弁当あったよ!」



毎日朝夕、欠かさずお供えされるチャナン。
至るところに神様が宿るとされているのですね。バリ ヒンドゥー教。
摘みたての美しい花のお供え。
その色はバリ ヒンドゥー教の方位図に基づいているらしい。

中にはスナック菓子等も乗っているものも見かけましたが、
基本的には天然素材のみらしいですよ。

お供えしたあとは、蹴られたり踏まれたりしても問題ないようですが
なんだか気が引けちゃいますよね。
娘も歩いていて「あ!ふんじゃった!ごめんなさい。。。」
っと言って申し訳なさそうにしていました。

それにしても娘の言った「神様のお弁当」って
いいネーミングだなっと思いました。







ニュピを過ごし、翌日にはバリを発ちました。















クアラルンプール空港にて、
そういえば!ココナッツ体験してなかったよね?
っということでフレッシュココナッツを頼んだのですが、、、
娘、いらなーーーい!だそうです。。。
私が美味しくいただきました。








そして眠る娘。






今回の旅行は家族揃って、
何より娘を授かってから初めての海外旅行でした。
以前の旅行と比較しながら、主人と感慨深く今を感じ、語り、
そしてこれから先のことを黙って感じ合いました。




私、以前のまま東城町に住んでいて絵だけを描いていたら
(それはそれで得る事もあるでしょうが)
こんな気持ちにはなれなかっただろうし体験出来なかった。
今、ここ東京に住んでいること、主人と出会え結ばれたこと
そして娘を授かったこと、、、
渾然一体となったところに、今回の旅であるものを見い出せました。



死ぬ直前まで成長しなければならない
っと教えてくれた三次のTさん。
ありがとうございます。

挑戦とか勉強とか、研究とか、、、成長したい。
このままじゃ終わらない。







帰国後、こんな事をじわじわと思わせてくれる旅でした。







「ないがしろにしちゃいけないよ」
っと自分に言い聞かせる。

主人に感謝。娘に感謝。
家族にも義父母にも、友人知人、故郷、、、、
ありがとうございます。











 
author:矢吹沙織, category:旅のコト, 01:17
comments(0), trackbacks(0), - -
バリの祝祭



さてさてバリに来た一等の目的
ニュピというお祭の体験。


バリでは二つの暦(ウク暦・サコ暦)に従って生活しています。
ニュピはサコ暦の新年にあたるのです。


ニュピの時期には、地獄の主神が悪霊国の掃除を行う為、
悪霊達がバリに逃れてくるというのです。
ですので、バリの人達は島中を浄化する必要があるらしい。


そのニュピという日は3日間に及びます。

ミュピ前々日には寺院の御神体などを海辺に運んで清める。

ニュピ前日には村々の至るところの悪霊へのお供えが置かれ、
夜には悪霊を模したオゴオゴという山車が町中を練り歩き、
お供えを食べた悪霊に悪さをせず立ち去ってもらうよう促すのです。

そしてニュピ当日は悪霊が立ち去るのを瞑想しながら待つ日。
現地の人も観光客も家の外へ出ることが禁じられます!
夜も警官が至るところで見張っています。
火をおこすことも、家の中で遊ぶことも禁止!
(ホテルにもよりますが、いちようホテル内では電気も使えるし
営業時間は短いものの静かに粛々とレストラン営業もあり
ホテル内ではプールもOK)
もし禁を破って外出すると旅行者でも逮捕されます。
静寂に包まれた日なのです。

















さて、サファリパークからホテルへ戻った私達家族。
当初、家族旅行中心に考えていた主人が
前日に母子二人きりで問題なく過ごせたことで安心し
急遽山奥の村で行われる儀礼の取材へ出掛けることに決まりました。

っということで、夜のオゴオゴは娘と二人きりで出掛けることに!

またもやドキドキ。。。



夕方から娘と一緒に出掛けました。
午後5時過ぎ、すでにサッカー場にはオゴオゴが集まってきています。
村の人達も観光客も集まりつつあります。
















































お祭感満載!


娘は風船を買いました。
マシーン・プッシーキャットっと書かれていますが、
完全にピンクのドラ○もんです。

オゴオゴって悪霊を模しているわけですが、
日本で言うところの御神輿みたい。(もしくは、ねぶたとか)
担ぎ手は必ず男性。


子供オゴオゴもあれば、クオリティーの高いものもあり
オゴオゴの大きさも様々。
ガムラン音楽とともに集まる様々なオゴオゴが見れて楽しい!


娘は「こわいねーこわいねー」っと言いながらも
「見たい!見たい!」っと私にくっついてオゴオゴに近づこうとします。







暗くなる前に近くのレストランで夕食を。
会場近くのレストランはものすごい混み具合!
運良くレストラン二階に通されて、窓辺から会場が見えました。
ニュピメニューしかなく、ビーフハンバーガーとフレンチフライを。
食べていますと、オゴオゴ出発。
娘は見たい!見たい!見たい!っと焦っています。
じゃ、早く食べていこう!
っとお祭好きの母子はガブガブーっと夕食をすませてパレードへ。





























オゴオゴ、闇夜に光ってました。
いやー、頑張って作ってるなぁー。


カオスの坩堝!


そう広くはない道路に様々な人達がひしめき合ってオゴオゴ観戦。
ガムランに酔いしれて踊る人や、オゴオゴとともに移動する人、
軒先に座って見て居る現地の人達。
あんな人こんな人。。。そして私と娘。


オゴオゴの通り道で担ぎ手さん達にぶつかりそうになったり、
目の前でガムラン隊の演奏に遭遇したり、
あまりの人混みに娘を抱っこせざるを得なかったり、、、

少々、ヒィーーーー!っとなりながらも
アドレナリン効果か、至極楽しみました。

生きている実感もあった。

娘は楽しんでいたけれど、その顔は笑顔ではなく、真剣な眼差しだった。




人の多さからか、終盤はパレードがストップしてしまい
待てど暮らせどスタートしない。。。
午後8時を過ぎた頃、流石に疲れてホテルへ歩いて戻りました。


あまり写真は撮れなかったけれど、
興奮冷めやらぬ体感として、しっかりと記憶は刻まれました。


娘も満足そう。




主人も午後10時過ぎには戻ってきて、
この日は皆ぐっすり眠りました。








omake
(主人の見てきた儀礼の一部)


































今回私は本気の儀礼は見に行けなかったけれど
娘の成長とともに、また見る機会に恵まれますように。



神々にひざまずき、手を合わせること、祈りを捧げること


それは自然への敬意の表れ。
畏敬の念を私も忘れないでいよう。








 
author:矢吹沙織, category:旅のコト, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -
旅先の時間



この度の旅行には腕時計を持参しなかった私。
正確には全ての腕時計が電池切れだっただけだけど。
携帯電話の時計だけが頼りでした。

バリのホテルの部屋にもお店やレストランにも
時計の存在がほとんどなかったなぁ。

時間がわからなくなったけれど、
そのおかげでゆっくりも出来た。

焦ることもなく、追われることもなく。

















はぁ、日々の家事から解放されて
すっかりリラックスモードな私。

東城に住んでいる時には感じられなかった疲労感が東京で持てて
そしてこんなリフレッシュをいただけて有り難い。
兎にも角にも主人に感謝申し上げます。




さて、3/19ウブドの町中にあるホテルへ移動。
この日は日中にある儀礼の取材の為、主人は出掛けてゆきました。
つ・ま・り、、、海外にて娘と二人きり!
これまた初体験!

ちょっとドキドキ、だけれど何だか楽しみでした。
娘とプールに入り、その後町へ出掛けてみましたよ。
ドキドキ、、、。






母子「おとーさーん!いってらっしゃーい!」

(日差しが強すぎて、帽子をかぶりながらのプール。。格好悪い。)
























白いご飯が食べたいという娘のために「ナシ・プティ」を頼んだのに
バナナラッシーとミーゴレンしか食べなかった。。。
私は温野菜に甘辛いピーナッツソースがかかっているガドガドを。
美味しいー安いー!



その後娘とお散歩していたら、、、

娘「はぁ〜、お土産あるかしらね〜?」
私「ん?お土産?誰に何を買うの?」
娘「ん?水色のメガネよ!サングラス!○ーちゃんのよ!」


、、、、自分用の水色のサングラスが欲しいらしく
探しているらしいのです。。。

なんだか一人前なこと言ってるので可笑しくなって
笑っちゃいましたし、私も一緒に探しましたよ。














あった!あった! 水色の子ども用サングラス!
娘は大変満足そうでした。

えぇーーっと、○ay-○anっと書いてありましたが
そんなわけございません!
始め1200円くらいを提示してきたので500円を希望。
500円でも高く思えるオモチャメガネですが、
ま、娘の手前あまり値切らず700円に落ち着きました。。。
笑ってやって下さい、、、旅の買い物です。






あー、いるいる、こんないかにも観光客。



ちなみに私、日本語以外話せません。
英語は幼児レベル。
だけれど、ちょっとくらいの時間を過ごすには
なんとかなるものです。
必要に迫られると、何とかしようと思って、考えて行動して
そして間違えたり恥もかきつつ学ぶのですね。
大切な経験をありがとございます。



さて、ジャランジャラン(散歩)をしてホテルへ戻ると
娘は疲れてお昼寝。
私はしばし静寂の時を過ごせました。

そして主人が夕方には戻ってきまして、
またジャランジャランと夕食を。







定番のナシゴレンやミーゴレンも、お店によって味が違ったり
付け合わせも違って美味しいのです。
だけど娘にはちょっとピリ辛過ぎたみたい。






翌朝。


本日も遊ぶ気満々!












強行日程でサファリパークへ!





















エレファントショー!





象さんに人参をあげて、鼻を触らせてもらった娘。
興奮せず、なんだか冷静でしたよ。























車に乗って、沢山の動物に出会えましたー。
写真からおわかりいただけるように、娘よりも私が興奮気味。。。
娘はシマウマとサイが気に入ったらしい。



















私アドレナリンが出ていたのか、普段大の苦手とする鳥類
(しかもこういったカラーリングの鳥はめっぽう苦手)
に大接近致しました。
ちょっと可愛いのかも?っなんて思えてきて不思議です。









さてさて、サファリパークを後にして、
いよいよメインイベントお祭「オゴオゴ」の時間です!






つづく








 
author:矢吹沙織, category:旅のコト, 01:58
comments(0), trackbacks(0), - -
無事に帰国



一週間、家族でバリ島へ行ってまいりました。
本日朝、無事帰国。








成田からの夜便でしたので、飛行機初体験の娘も
眠りながらなんとかかんとか往復できましたよ。
マレーシアでのトランジットが数時間あり、それは少々疲れました。
写真はマレーシアのクアラルンプール国際空港。巨大でした。
バリのデンパザール国際空港もリニューアルしていて
綺麗だし大きくなってビックリしました。












娘、プールサイドでこのポーズをキメたかったらしい。















バリ島の中でも空港から1時間強の
ウブドという山の中で1週間を過ごしました。

写真はウブドの町中からさらに入った場所なので
なかなか牧歌的で落ち着きましたよ。



あーーー楽しかった! 




っとはいへ、既に現実生活の中。
帰国後、主人はそのまま仕事へ。
娘は明日登園日。
私は旅の片付けをしつつ、明日はインプラント手術!
ひーーー。。。

っとういうことで、追々に旅日記を綴らせていただきますね。


一先ず、無事の帰国報告まで。





 
author:矢吹沙織, category:旅のコト, 19:38
comments(0), trackbacks(0), - -
旅の終わり


今日は桃の節句。


今宵はちらし寿司でなく、木次町の桜蕎麦なるものを食す予定。
娘が健やかに成長出来ますように。




さて、京都旅行話も本日3日目。
最終日もしっかり観光。


朝から蓮華王院こと三十三間堂へ。

















娘、とても真剣に見学しました。

国宝 千手観音坐像さまよりも、重文 千体千手観音立像さまよりも
兎にも角にも国宝 風神雷神さま・二十八部衆さまに釘付けでした。

中でもお気に召したのは迦楼羅王!
そうね、私も大好きよ。






この日の雲行きはこんなに怪しげでしたが
それがまた京都に似合っていて、ワタクシは満足でした。








毎日美味しい京都も堪能。
これまた定番だけど鍵善良房さんでくずきりを。
娘はくずきりよりも、美しく透き通る氷に魅せられておりました。























黒豆尽くしの昼食後には
ホテルから近かった末富さんにも寄れたし、
娘念願の京都タワーにも行きましたよ。



















京都。。。


ものすごい場所ですね。


知れば知るほど奥深いとか、歴史在るとか、なんとかかんとか、、、
私には一言で形容できないけれど、恐ろしく魅力ある場所。


京都タワーから京都市街を見渡していますと、
底知れぬ思いが込み上げてきて、
切なさを筆頭に複雑な気持ちとなりました。





そして新幹線内で娘と少々小競り合いになりつつも無事に帰宅。
品川から渋谷、そしてバスで自宅へ向かう。
上京して6年が過ぎますが、未だに東京を知らないな、私。
ここはここで、奥深い。
今、私はここに住んでいる。
心が故郷やあちこちに飛んでゆくことはしばしばありますが、
あぁ、先ず、今は、ちゃんとここに心も置かなくては。








あ、お土産に頂いたこれ!今流行ってるんですって。
「UCHU」
もうね、かわゆいやら美味しいやら!
ありがとうございました!


そうそう、京都観光していますと、あちこちで試食放題ですね。
もうね、娘があちこちで貰う貰う。。。
そんなに食べないでよ〜。。。
あまりに美味しい美味しいと頂いていますと、買うしかないじゃない。
黒豆、豆せんべい、お漬け物、、、、

京都は食文化的にも素晴らしいのは勿論。
私も美味しい美味しい、欲しい欲しいと、まぁ食欲物欲が出ますわね。
ちょこちょこ、ちょこちょこ、買いましたね。






しかも美味しさだけでなく、こうしたパッケージや包装紙まで
心地良いものですから、つい、ね。







あぁ、そうそう、ようやく、ようやくですよ、
御朱印帳デビューしました!
今までどれだけ参拝したか数知れず。なかなかレアな場所も行ったのに
今更のデビューです。
いざ御朱印帳を買うとなると、何処のにしようかな〜っと考えていたら
年月ばかりが経ちました。
なんとなく今回買おうとピンっときまして、
お寺用には清水さん、神社用には八坂さん。

既に楽しいです。





さて、すっかりしっかり日々の生活がスタートしております。
明日も娘は登園日。
今日も制作、明日も制作、工夫して描き進む。




京都、娘との初二人旅。
素晴らしい思い出を得ることが出来て幸いです。
今回の旅は終わったけれど、
まだまだ続く、私の日々。

楽しみにしよう。










 
author:矢吹沙織, category:旅のコト, 16:24
comments(0), trackbacks(0), - -