RSS | ATOM | SEARCH
しばらくの間

 

 

 

現在、母子で帰省中。

束の間の故郷ですが存分に英気を養っております。

 

また個展直前ですので

あれこれと準備もしております。

 

しばらくの間、

個展期間中も、

Instagramの方で更新しておりますので

↓こちらをご覧下さいませ。

 

「矢吹沙織 Instagram」

 

 

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

矢吹沙織

author:矢吹沙織, category:日々のコト, 06:19
comments(0), trackbacks(0), - -
矢吹沙織個展のお知らせ

 

 

この度、岡山高島屋さんで3回目の個展を開催させて頂きます。

 

 

「矢吹沙織 日本画展」

 

岡山高島屋7階美術画廊

 

11/8(水)〜11/14(火)

 

最終日14日はPM3閉場

 

会期中 作家連日在廊(PM5時まで)

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに故郷に近い場所での個展開催なので

大変嬉しく存じております。

 

岡山は私にとって他界した父の故郷。

感慨深く、そして有り難いご縁に感謝しております。

 

 

 

また今回は、岡山高島屋さんの多大なるご厚意で

百貨店ではなかなか展示出来そうにもない大作も

展示させて頂けることとなりました。

心よりお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

「錦」170×350cm

 

 

 

故郷である東城町の風景をモチーフにしながら、

錦秋の景色や、山川町のある景観は

訪れたことのない場所、見たことのない景色であっても

日本人として懐かしさを抱くものがあるのではないかと

考えております。

大いなる安心の内に、精神的法悦感を見いだせる画を目指して

描いた渾身の一作です。

 

なかなか見て頂けるチャンスが少ない大作ですので

どうぞこの機会にご高覧下さいませ。

 

 

 

会場にてお待ちしております。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 06:00
comments(0), trackbacks(0), - -
第6回Artist Group風

 

 

 

お知らせ致しましたように

この度、アーティストグループ風 大作公募展に入選し

先日その展示が無事に閉場致しました。

 

会期中2回も台風に当たりましたが

それでも3000人近い入場者がございました。

大変ありがたく、心よりお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

2017年 「百日草」 180×640cm

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとりましては初めて尽くしの体験で

大いに緊張したのですが、、、

それでも、ほぼ毎日会場へ通い先生方や運営事務局の方々

そして入選者の方々と会話を重ねるにつれて

固まった心身がほぐれ、気づかされ、楽しみ、笑い、

大変貴重な経験となりました。

その経験を思い出の枠に留めず、

またこれから先の画業の工夫に活かしたいと存じます。

 

 

楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての図録も嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

また、会期中には娘の誕生日が重なり、

父子が一緒に展示を見に来て下さいました。

 

 

 

 

娘はいつも「おかーさんの絵が大好き!」

っと言ってくれる愛おしく頼もしい存在。

今回も 娘「私はどの絵が一番好きだと思う?」

。。。。。その答えは

娘「おかーさんの絵がいっちばん!好きなんだー!」

 

ありがとう ありがとう。

 

その日は家族揃って娘リクエストのお寿司を食べて

ケーキを買って帰りました。

 

お誕生日おめでとう!

 

 

 

 

 

 

他にも、お友達や知り合いの方々、

お世話になっている画商さん、

SNSを通じて知り合った方々がご来場下さり、

とてもありがたく、感謝しております。

お目にかかれて幸いでした!

会場へ来れなくても、応援して下さっている方々を含め、

皆々様、深くお礼申し上げます。

 

 

 

 

展示会場へほぼ毎日立つために

(中2日間は諸事情でお休みしましたが)

私生活を支えてくれた主人には感謝しかございません。

 

また某日には保育園のママ友達に支えて頂き、

某日には自宅のお隣さんご家族に支えて頂き、

感謝ばかりです。

ありがとうございました!

 

娘も普段とは違った1週間を元気に過ごしてくれて

ありがとうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生方や入選者皆様との会話の中から、

作家皆、それぞれ違った生活環境の中で

それぞれに悩み苦しみ、また楽しみながら

自分を信じて描き進み続ける強さが感じられ

私は私であるべきようにっと、清々しい気力を頂戴致しました。

 

それは来年に向けての心境の変化にもなり、

今ここからつながる未来への糧です。

 

さーーー、まだまだ描けるよ、私!

 

 

 

 

 

さて、このAG風展のメンバー3名の作家と入選者の小品展

「花信風」が高島屋日本橋6階美術画廊にて開催されます。

 

高島屋日本橋6階美術画廊

12/6〜12/12

 

12/9 PM2〜ギャラリートーク

 

その後、来年1月・2月には京都大阪を巡回致します。

 

 

 

 

クリスマスや年末年始で華やかなデパートへ

どうぞお越し下さいませ。

その際には是非6階美術画廊へお立寄りご高覧下さいませ。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 14:27
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Istanbul

 

 

 

秋も深まる今日この頃。

 

遅ればせながら夏の思い出の締めくくりを。

 

 

 

悪天候のために遅れに遅れた飛行機。

それでも夜分にようやく離陸したのですが

既にトランジットは叶わず、イスタンブールに着陸。

 

飛行機会社の計らいでイスタンブール市内のホテルに一泊となりました。

入国予定のなかったトルコ。

まさかの展開で丸1日イスタンブールを楽しめる嬉しさと

深夜から朝方まで気が気でないまま起きていた

家族皆の疲れとで複雑な心身。

 

しかしながら、せっかくなので!

約8時間の猶予を思う存分楽しみました。

ありがたいことに、主人は2度目のイスタンブールだったので

短時間で見ておくとよさそうな場所とルートを考え

家族でまたまた歩き通しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとっては今まで味わったことのない異国情緒。

アジアでもなくヨーロッパでもない気に興奮と目眩。

 

世界情勢から多少の緊張感を抱きつつも

随分とゆったりとした人々と犬猫の生活を垣間見て

お陰様で、ただただ楽しんでワクワク致しました。

 

イスラム芸術でありながら

トルコ独自の芸術感覚や思想もミックスされているようで

幾何学的でも花等植物が配置された豊かさが伺えたり、

カリグラフィーの美しさと迫力に圧倒されたり、

どこを見渡しても終始胸が高まるのです。

 

 

 

様々な国、人、文化や歴史、、、

その歩みは今日に至るまで、計り知れない物語があり

そして今を紡いでいること想像すると

またまた目眩がするのでした。

 

素晴らしい街だった!

 

 

 

 

偶然とはいえ、今回イスタンブールにも行けたことは

今後いつかどこかで何かに繋がる予感とともに

深夜便で日本へ向けて離陸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本上空で朝日が迎えて下さったので

思わず合掌してしまう。

 

 

 

 

この夏休みは私に大きなものを残してくれました。

特にデュッセルドルフのインゼルホンブロイヒ美術館。

ミュンスターやカッセルの自然環境。

そしてイスタンブールで感じた端正さと熱気。

大きな大きなマグノリアの木。

 

 

新鮮な感動と刺激を得て

今後も描き続けてゆくための大切な糧となったのです。

 

 

 

 

 

なにより、主人に深く感謝しております。

今まで触れたことのない世界を沢山見せてくれて

ありがとうございます。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:54
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Venezia

 

 

 

すっかり秋ですが、夏の思い出の続きを。

 

 

チューリッヒでトランジット後、スイスエアでベネチア入り。

スイスエアでもらったチョコレートが美味しくて

うっとりの娘さん。美味しかったね。

 

ベネチアは合計3泊4日の滞在でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方には空港到着。

そこから水上バスでサンマルコに着く頃には夜も更けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活気のある地元感溢れるお店で夕食を。

長い移動にも疲れをみせない頼もしい娘に感謝。

 

 

 

 

翌朝から早速ベネチアビエンナーレを見て回ります。

朝から晩までアート三昧。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持って行っていた筆箱が破れたりして破損したので

母子でおそろいのペンケースを購入。

嬉しい嬉しい娘さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日目を歩き通してジェラートで乾杯な夕刻。

 

翌日も朝からアート三昧。

主人は遠くの会場へ出かけたので、お昼までは母子だけで散策。

英語もイタリア語も話せず、日本語もたどたどしい私娘、、

ちょっぴりドキドキしながらも随分と楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして主人と合流、またまたアートを巡る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから↓のダミアン・ハーストは圧巻でした。

新作をたっぷり見れて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ここまでがダミアン・ハースト。

 

さて、まだまだアートは続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日目も歩き通した家族3人で祝杯を。

主人が行きたかったお店を予約してくれたので、

地元でも人気らしいお店の美味しい夕食を頬張りました。

このお店、ほんっと美味しかった!

こんなボンゴレ食べたことなかったですもん。

満足満腹で、明日に備えて就寝。

 

 

翌日は移動日だったので、近場の美術館などを見てから

水上バスに乗り込み、リド・ディ・イェゾロへ。

ここは完全に娘接待。

ずーーっと歩き通して、連れ回して、アートばかりだったので

娘の喜ぶプールと海へ行ったのです。

父母もやっと一休み。

リド・ディ・イェゾロって、熱海みたいな雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、朝方には派手な嵐だったので、

お昼間の浜辺も閑散としていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、いよいよ旅も終わりです。

イスタンブールを経由して日本へ!

 

 

のはずが、、、待っても待っても飛行機が来ない。。。

悪天候で遅れているらしい、、、

刻々と時間が過ぎて、もう既にトランジット出来ないことが判明。

数時間後にようやく離陸したものの、イスタンブールで足止め。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予期せぬトラブルでハラハラしながらも

主人が賢明に立ち回ってくれたので、母子も賢明に待つ。

 

航空会社の計らいで、イスタンブール市内のホテルに1泊となりました。

 

だけれど、、、スーツケースは手元になく、

着の身着のままの1泊2日を得たのです。

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 15:26
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Dusseldorf

 

 

夏の思い出の続き。

 

 

 

デュッセルドルフは一泊二日の滞在でした。

午前中に到着してすぐに向かったのは

ちょっと郊外にある「インゼルホンブロイヒ美術館」。

 

 

ここが素晴らしかった!

 

 

の話しの前にデュッセルドルフに付いてホテルに荷物を預け

すぐに駅を向かう途中に気づいたのです、、、

私の白いブラウスの肩に、白い落下物が付いているではありませんか!

もともと鳥類がめっぽう苦手な私、中でも鳩は大嫌いなのです。

おそらく、、、その鳩でしょうね、、、

でもなんだかうっすらっといいましょうか、

許せる範囲の汚れだったのです。

今思えばよく平気だったなっと思うのですが、

その時はウェットテッシュで綺麗に拭き取ってハイおしまい。でした。

 

 

 

そして、電車とタクシーでインゼルホンブロイヒ美術館へ。

 

 

 

 

広大な土地にその地形と環境を活かした美術館。

美術館っというか、私にとっては夢の国でした。

 

 

豊かな自然環境、所々に簡素ながらも存在感ある建物、

作品には一切のキャプションがなく、

ばらばらのようでいて不思議と統一感のあるコレクション、

手入れし過ぎない絶妙な庭師の仕事、

この土地で取れた無料(入場料に含まれる)の食事、

なにもかもが、

今までで一等気持ちの良い思い出の場所となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族で歩いたり、娘と歩いたり、

ふとした時、一人の時間も頂いて歩いていたのですよ、

そうしますと、、、、

 

もう、美しくて美しくて、豊かで、光輝いていて、

 

涙がこぼれ落ちるのです。

 

泣きながら歩いていると、主人と娘が居て、

泣いている私を見つけて笑うのですよ。

 

笑う二人を見て、二人の存在を確かに感じていたら、

更に涙が出るのですよ。

なんてありがたいのだろうっと。

 

 

とても素晴らしい経験をさせていただきました。

 

主人へ、心からお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

そこへ、主人のお友達のMさんが車で迎えに来て下さり、

そのままロケットセンター辺りも鑑賞させていただき

随分と楽しませて下さいました。

ありがとうございます。

 

そこからMさんの車で

ライン川の畔の地元感溢れる素敵なお店に連れて行って頂き、

美味しい夕食とビールと会話をご一緒しました。

 

現在デュッセルドルフ在住のアーティストのMさんは

とても穏やかな話し方と物腰の柔らかさや手の仕草に

ご出身である京都の気がしっかり身についていらっしゃるように

感じられました。私の勝手な感想ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和やかに食事が始まった頃、、、

私の背後に大きな音とともに衝撃を感じ、ドキリ!

 

おそるおそる振り返って見ますと、、、

今まで見たこともない大きく大量の鳥のフンが!!

(詳細自粛)

 

この旅行のために買った黒いバッグに直撃。。。

跳ね返っただろうモノが私の白いブラウスの背中に。。。

 

 

時は食事中、、申し訳なく、恐縮しながら事の次第を

主人とMさんと娘に話しました。

主人が!!っと驚きながらも立ち回って下さって諸々の処理を。

娘は「おかーさん!うんちーー!やーー!うんちついてるー!」

っと盛り上がっておりました。

Mさん「一日に二回も当たる人、始めて見ました。。」。

すみません。

 

 

 

見上げてみても青い空。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、アートなホテルを後にして、急遽バッグを買いに。

例のバッグはやむを得ず破棄。。。

とりあえずなので、ZARAで程良いものをチョイス。

 

ついでにシュタイフも覗きつつ、束の間のお買い物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして空港へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お次はチューリッヒを経由してベネチアへ。

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 19:55
comments(0), trackbacks(0), - -
個展・展示のお知らせ

 

 

 

年内の個展と作品展示のお知らせです。

 

 

 

 

 

「Artist Group 風」

 

第6回大作公募展

 

2017/10/23(月)〜 10/30(月)

 

「東京都美術館」 ロビー階第4展示室/入場無料

 

開館時間 AM9:30〜PM5:30

*(10/23初日はPM2〜PM5:30)

*(10/30最終日はPM1:30最終入場)

 

出品作家によるギャラリートーク

10/23 PM3:30〜PM4:30

10/28・29 PM2:00〜PM3:00

(参加無料、申込不要)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢吹沙織 23,24,28,29,30日は必ず在館しております。

他の日も都合がつきましたら、会場へ向かいます。

 

気持の良い季節です。

上野へお出かけの際には、どうぞお立ち寄り下さいませ。

普段なかなか観る機会の少ない巨大作ばかりが並びます。

どんな空間になるのか、私自身も楽しみにしております。

 

会場にてお待ちしております!

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ

 

 

「矢吹沙織 日本画展」

 

 

岡山高島屋 7階 美術画廊

 

2017/11/8(水)〜14(火)

 

作家会期中連日在廊(PM5まで)

 

最終日14日はPM3閉場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山高島屋さんでの個展は、今回で3回目となります。

出産育児を経て7年ぶりの岡山、、感慨深く振り返りました。

 

変化か?成長か?進化か?

 

 

 

岡山、広島近郊の皆々様、

どうぞご高覧頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして、12月にはAG風展の先生方と入選者の方々と

日本橋高島屋さんにて小品展が開催されます。

 

詳細はまた後日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 09:50
comments(0), trackbacks(0), - -
ご報告

 

 

 

 

この度、第6回 Artist Group 風 大作公募展に

入選致しました。

 

大変嬉しく存じております。

 

 

サイト→「Artist Group 風」

 

 

 

 

「百日草」部分

 

 

 

 

今年、意を決して挑んだ180×640cmの大作制作。

写生に1ヶ月近くかかり、制作には7ヶ月を有しました。

 

 

 

 

そもそも、大作の制作や発表に後ろ向きで、

大作に否定的だった私。

 

 

それを変えてくれたのは、このアーティストグループ風展に

連入選を果たしていた日本画家の木下めいこさんの存在あってこそです。

数年前、彼女の絵をネット上で見かけて、あ!かっこいい!

っと即座にファンになり、検索してみますと同い年でした。

そして、育児も仕事も制作もしながらカッコイイ作品を生み出し

発表し、結果を残している彼女に一瞬で心惹かれたのです。

そこからすぐに、お会いできそうな機会があったので会場へ行き、

恥ずかしげもなく話しかけて憧れの眼差しを届けましたところ、

非常にオープンで明るい彼女はすんなりと私を受け入れてくれたのです。

 

その日から、折に触れて何度も会い、

一緒に展覧会を観たりしながら

「いつかは一緒に入選して、キャイキャイ言いたいね〜」

なんて話していたのです。

 

 

 

 

小さな絵だけでなく、

大きな絵も描いてみなくては見えてこない世界があり、

腕も磨かれないのだと感じられました。

大きな絵ばかりでは小さな絵が描けなくなるのもまた然り。

 

 

様々に理由をこね回して言い訳し

大作など、、、っと後ろ向きだった私の本心は

おそらく、怖れと不安だけだったのだと思います。

 

 

もうすぐ40歳になります。

 

 

一生涯絵を描き続ける覚悟があるのだから

私はここで勇気ある一歩を踏み出さなくてはならない

っと確信したのです。

リスクを伴うし、実を結ばないかもしれない、、

様々な不安と怖れもここ2年で薄れてきて

もう、やるっきゃないっしょ!

っと半ば開き直りつつ、今年を迎えて大作へ挑みました。

 

 

 

 

 

めいこさん、ありがとう!

今回一緒に会場に立てるのが心底嬉しいよー!

 

 

 

 

 

っと、長い長いご報告で失礼致しました。

 

 

今後もますます画業に勤しみます!

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 06:16
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Kassel~Munster

 

 

 

8月末のことですが、家族で遅い夏休みに

海外へ行って参りました。

 

 

成田からドイツ・フランクフルトへ。

フランクフルトからカッセルへ。(カッセル2泊3日)

カッセルからミュンスターへ。(ミュンスター2泊3日)

 

 

 

ドイツ中部のカッセルでは5年に1度開催される

「ドクメンタ」という世界最大規模の現代アート祭典があり、

ミュンスターでは「スカルプチュアプロジェクト」という

10年に一度の現代彫刻の祭典があり、

それらを鑑賞する目的で訪れたのです。

 

 

 

しかしながら、

私はこの旅で何かを得る!取材や研究のため!

っといった貪欲なまでのアートへの意欲とはかけ離れ、

大作完成直後という状況もあって非常に空っぽでフラットな心情のまま

私自身はこれから何に出会い、感じ、動くのか未知を楽しむだけの

お気楽な夏休みの心づもりで行ってまいりました。

 

 

 

娘は3歳のバリ島以来、2度目の海外旅行。

長い飛行機の中でも充分に楽しみ

旅の間中も頼もしいほど健やかに過ごしておりました。

その成長ぶりに大変感動致しました。

 

 

 

時系列で写真を掲載致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッセル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き通しで疲れた娘。夕食が運ばれてくるまでぐっすり。

 

 

 

 

 

 

何の花だろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンスターへ向かいます。

 

 

 

 

 

 

この旅で娘が編み出した自分好みの食べ合わせは

チーズ+ジャム!

余程気に入って、ジャムの種類も変えつつ

毎朝楽しんで食べておりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

娘、コーヒーデビュー。

一口だけ飲んで「うん、おいしい」でおしまい。

 

 

 

 

 

↓ミュンスターでは偶然朝市に出会して大はしゃぎの私。

目に口に心になんとも幸福な光景でした。

活気があり、現地の生活を感じ、

溢れる花や食物の力を感じ、

この土地の豊かさを感じて満腹満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日、必ず1万5千歩以上歩き

日によっては2万歩以上を歩き通しました。

(娘、素晴らしかったよ。ありがとう。)

 

 

 

アートを観て巡るのは、主人の仕事の一環でもあります。

私個人は貪欲に何かを得ようとしない旅と言いつつ、

これだけ歩き回ってアート鑑賞をしていると

やはり意欲的になってしまいました。

 

っにしましても、アートそのものよりも

写真を見返しますと、花・自然、家族・娘、生活の風景への

眼差しの方が多いことに気づかされます。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:53
comments(0), trackbacks(0), - -
日々是好日2017

 

 

こんにちは。

大変ご無沙汰しておりました。

 

制作の日々、生活の日々の中で

なかなかPCを開くことがありませんでした。

また、インスタを始めたことで手軽に日々の写真を投稿して満足し

ブログからは遠のいておりました。

 

やむを得ない変化。

ですが、また行き来しつつ、味わい楽しみたいと存じます。

 

 

 

 

 

さて、今年に入り

 

1/17 下絵を描き始め

2/16 下絵が完成

2/17 トレースを始め

3/3 トレース完了

3/6 墨仕事を始め

 

4/16 京都正寿院へ花天井画完成内覧会参加

 

4/20 水干と岩絵の具に入り

4/27 岩絵の具のみで膠仕事に入る

 

5/15〜21 ギャラリー杉野にて個展(銀座)

 

5/24 制作再開

6/5 再度墨描き入る

6/26 再度岩絵の具入る

8/16 完成!

 

 

その後加筆もしましたが、一先ず7ヶ月がかりで

大作を描きあげました。

 

 

 

 

 

長かった、、、今思い返しても長かった、、、痩せた、、、

 

こうして今年7ヶ月間、駈け抜けました。

 

今更ですが、完成報告まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は制作が大詰めだったので、お盆時期も帰省を断念。

ゆっくり過ごすこともなかった我が家は

8/23〜9/3まで、遅い夏休みを海外で過ごしました。

っと言いましても、アート鑑賞に尽きる旅。

 

後日のんびり写真等投稿致しますので、

またどうぞ、ここでも宜しくお願い致します。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 09:25
comments(0), trackbacks(0), - -