RSS | ATOM | SEARCH
夏の思い出 Dusseldorf

 

 

夏の思い出の続き。

 

 

 

デュッセルドルフは一泊二日の滞在でした。

午前中に到着してすぐに向かったのは

ちょっと郊外にある「インゼルホンブロイヒ美術館」。

 

 

ここが素晴らしかった!

 

 

の話しの前にデュッセルドルフに付いてホテルに荷物を預け

すぐに駅を向かう途中に気づいたのです、、、

私の白いブラウスの肩に、白い落下物が付いているではありませんか!

もともと鳥類がめっぽう苦手な私、中でも鳩は大嫌いなのです。

おそらく、、、その鳩でしょうね、、、

でもなんだかうっすらっといいましょうか、

許せる範囲の汚れだったのです。

今思えばよく平気だったなっと思うのですが、

その時はウェットテッシュで綺麗に拭き取ってハイおしまい。でした。

 

 

 

そして、電車とタクシーでインゼルホンブロイヒ美術館へ。

 

 

 

 

広大な土地にその地理と環境を活かした美術館。

美術館っというか、私にとっては夢の国でした。

 

 

豊かな自然環境、所々に簡素ながらも存在感ある建物、

作品には一切のキャプションがなく、

ばらばらのようでいて不思議と統一感のあるコレクション、

手入れし過ぎない絶妙な庭師の仕事、

この土地で取れた無料(入場料に含まれる)の食事、

なにもかもが、

今までで一等気持ちの良い思い出の場所となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族で歩いたり、娘と歩いたり、

ふとした時、一人の時間も頂いて歩いていたのですよ、

そうしますと、、、、

 

もう、美しくて美しくて、豊かで、光輝いていて、

 

涙がこぼれ落ちるのです。

 

泣きながら歩いていると、主人と娘が居て、

泣いている私を見つけて笑うのですよ。

 

笑う二人を見て、二人の存在を確かに感じていたら、

更に涙が出るのですよ。

なんてありがたいのだろうっと。

 

 

とても素晴らしい経験をさせていただきました。

 

主人へ、心からお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

そこへ、主人のお友達のMさんが車で迎えに来て下さり、

そのままロケットセンター辺りも鑑賞させていただき

随分と楽しませて下さいました。

ありがとうございます。

 

そこからMさんの車で

ライン川の畔の地元感溢れる素敵なお店に連れて行って頂き、

美味しい夕食とビールと会話をご一緒しました。

 

現在デュッセルドルフ在住のアーティストのMさんは

とても穏やかな話し方と物腰の柔らかさや手の仕草に

ご出身である京都の気がしっかり身についていらっしゃるように

感じられました。私の勝手な感想ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和やかに食事が始まった頃、、、

私の背後に大きな音とともに衝撃を感じ、ドキリ!

 

おそるおそる振り返って見ますと、、、

今まで見たこともない大きく大量の鳥のフンが!!

(詳細自粛)

 

この旅行のために買った黒いバッグに直撃。。。

跳ね返っただろうモノが私の白いブラウスの背中に。。。

 

 

時は食事中、、申し訳なく、恐縮しながら事の次第を

主人とMさんと娘に話しました。

主人が!!っと驚きながらも立ち回って下さって諸々の処理を。

娘は「おかーさん!うんちーー!やーー!うんちついてるー!」

っと盛り上がっておりました。

Mさん「一日に二回も当たる人、始めて見ました。。」。

すみません。

 

 

 

見上げてみても青い空。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、アートなホテルを後にして、急遽バッグを買いに。

例のバッグはやむを得ず破棄。。。

とりあえずなので、ZARAで程良いものをチョイス。

 

ついでにシュタイフも覗きつつ、束の間のお買い物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして空港へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お次はチューリッヒを経由してベネチアへ。

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 19:55
comments(0), trackbacks(0), - -
個展・展示のお知らせ

 

 

 

年内の個展と作品展示のお知らせです。

 

 

 

 

 

「Artist Group 風」

 

第6回大作公募展

 

2017/10/23(月)〜 10/30(月)

 

「東京都美術館」 ロビー階第4展示室/入場無料

 

開館時間 AM9:30〜PM5:30

*(10/23初日はPM2〜PM5:30)

*(10/30最終日はPM1:30最終入場)

 

出品作家によるギャラリートーク

10/23 PM3:30〜PM4:30

10/28・29 PM2:00〜PM3:00

(参加無料、申込不要)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢吹沙織 23,24,28,29,30日は必ず在館しております。

他の日も都合がつきましたら、会場へ向かいます。

 

気持の良い季節です。

上野へお出かけの際には、どうぞお立ち寄り下さいませ。

普段なかなか観る機会の少ない巨大作ばかりが並びます。

どんな空間になるのか、私自身も楽しみにしております。

 

会場にてお待ちしております!

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ

 

 

「矢吹沙織 日本画展」

 

 

岡山高島屋 7階 美術画廊

 

2017/11/8(水)〜14(火)

 

作家会期中連日在廊(PM5まで)

 

最終日14日はPM3閉場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山高島屋さんでの個展は、今回で3回目となります。

出産育児を経て7年ぶりの岡山、、感慨深く振り返りました。

 

変化か?成長か?進化か?

 

 

 

岡山、広島近郊の皆々様、

どうぞご高覧頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして、12月にはAG風展の先生方と入選者の方々と

日本橋高島屋さんにて小品展が開催されます。

 

詳細はまた後日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 09:50
comments(0), trackbacks(0), - -
ご報告

 

 

 

 

この度、第6回 Artist Group 風 大作公募展に

入選致しました。

 

大変嬉しく存じております。

 

 

サイト→「Artist Group 風」

 

 

 

 

「百日草」部分

 

 

 

 

今年、意を決して挑んだ180×640cmの大作制作。

写生に1ヶ月近くかかり、制作には7ヶ月を有しました。

 

 

 

 

そもそも、大作の制作や発表に後ろ向きで、

大作に否定的だった私。

 

 

それを変えてくれたのは、このアーティストグループ風展に

連入選を果たしていた日本画家の木下めいこさんの存在あってこそです。

数年前、彼女の絵をネット上で見かけて、あ!かっこいい!

っと即座にファンになり、検索してみますと同い年でした。

そして、育児も仕事も制作もしながらカッコイイ作品を生み出し

発表し、結果を残している彼女に一瞬で心惹かれたのです。

そこからすぐに、お会いできそうな機会があったので会場へ行き、

恥ずかしげもなく話しかけて憧れの眼差しを届けましたところ、

非常にオープンで明るい彼女はすんなりと私を受け入れてくれたのです。

 

その日から、折に触れて何度も会い、

一緒に展覧会を観たりしながら

「いつかは一緒に入選して、キャイキャイ言いたいね〜」

なんて話していたのです。

 

 

 

 

小さな絵だけでなく、

大きな絵も描いてみなくては見えてこない世界があり、

腕も磨かれないのだと感じられました。

大きな絵ばかりでは小さな絵が描けなくなるのもまた然り。

 

 

様々に理由をこね回して言い訳し

大作など、、、っと後ろ向きだった私の本心は

おそらく、怖れと不安だけだったのだと思います。

 

 

もうすぐ40歳になります。

 

 

一生涯絵を描き続ける覚悟があるのだから

私はここで勇気ある一歩を踏み出さなくてはならない

っと確信したのです。

リスクを伴うし、実を結ばないかもしれない、、

様々な不安と怖れもここ2年で薄れてきて

もう、やるっきゃないっしょ!

っと半ば開き直りつつ、今年を迎えて大作へ挑みました。

 

 

 

 

 

めいこさん、ありがとう!

今回一緒に会場に立てるのが心底嬉しいよー!

 

 

 

 

 

っと、長い長いご報告で失礼致しました。

 

 

今後もますます画業に勤しみます!

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 06:16
comments(0), trackbacks(0), - -
夏の思い出 Kassel~Munster

 

 

 

8月末のことですが、家族で遅い夏休みに

海外へ行って参りました。

 

 

成田からドイツ・フランクフルトへ。

フランクフルトからカッセルへ。(カッセル2泊3日)

カッセルからミュンスターへ。(ミュンスター2泊3日)

 

 

 

ドイツ中部のカッセルでは5年に1度開催される

「ドクメンタ」という世界最大規模の現代アート祭典があり、

ミュンスターでは「スカルプチュアプロジェクト」という

10年に一度の現代彫刻の祭典があり、

それらを鑑賞する目的で訪れたのです。

 

 

 

しかしながら、

私はこの旅で何かを得る!取材や研究のため!

っといった貪欲なまでのアートへの意欲とはかけ離れ、

大作完成直後という状況もあって非常に空っぽでフラットな心情のまま

私自身はこれから何に出会い、感じ、動くのか未知を楽しむだけの

お気楽な夏休みの心づもりで行ってまいりました。

 

 

 

娘は3歳のバリ島以来、2度目の海外旅行。

長い飛行機の中でも充分に楽しみ

旅の間中も頼もしいほど健やかに過ごしておりました。

その成長ぶりに大変感動致しました。

 

 

 

時系列で写真を掲載致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッセル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き通しで疲れた娘。夕食が運ばれてくるまでぐっすり。

 

 

 

 

 

 

何の花だろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンスターへ向かいます。

 

 

 

 

 

 

この旅で娘が編み出した自分好みの食べ合わせは

チーズ+ジャム!

余程気に入って、ジャムの種類も変えつつ

毎朝楽しんで食べておりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

娘、コーヒーデビュー。

一口だけ飲んで「うん、おいしい」でおしまい。

 

 

 

 

 

↓ミュンスターでは偶然朝市に出会して大はしゃぎの私。

目に口に心になんとも幸福な光景でした。

活気があり、現地の生活を感じ、

溢れる花や食物の力を感じ、

この土地の豊かさを感じて満腹満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日、必ず1万5千歩以上歩き

日によっては2万歩以上を歩き通しました。

(娘、素晴らしかったよ。ありがとう。)

 

 

 

アートを観て巡るのは、主人の仕事の一環でもあります。

私個人は貪欲に何かを得ようとしない旅と言いつつ、

これだけ歩き回ってアート鑑賞をしていると

やはり意欲的になってしまいました。

 

っにしましても、アートそのものよりも

写真を見返しますと、花・自然、家族・娘、生活の風景への

眼差しの方が多いことに気づかされます。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:旅のコト, 09:53
comments(0), trackbacks(0), - -
日々是好日2017

 

 

こんにちは。

大変ご無沙汰しておりました。

 

制作の日々、生活の日々の中で

なかなかPCを開くことがありませんでした。

また、インスタを始めたことで手軽に日々の写真を投稿して満足し

ブログからは遠のいておりました。

 

やむを得ない変化。

ですが、また行き来しつつ、味わい楽しみたいと存じます。

 

 

 

 

 

さて、今年に入り

 

1/17 下絵を描き始め

2/16 下絵が完成

2/17 トレースを始め

3/3 トレース完了

3/6 墨仕事を始め

 

4/16 京都正寿院へ花天井画完成内覧会参加

 

4/20 水干と岩絵の具に入り

4/27 岩絵の具のみで膠仕事に入る

 

5/15〜21 ギャラリー杉野にて個展(銀座)

 

5/24 制作再開

6/5 再度墨描き入る

6/26 再度岩絵の具入る

8/16 完成!

 

 

その後加筆もしましたが、一先ず7ヶ月がかりで

大作を描きあげました。

 

 

 

 

 

長かった、、、今思い返しても長かった、、、痩せた、、、

 

こうして今年7ヶ月間、駈け抜けました。

 

今更ですが、完成報告まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は制作が大詰めだったので、お盆時期も帰省を断念。

ゆっくり過ごすこともなかった我が家は

8/23〜9/3まで、遅い夏休みを海外で過ごしました。

っと言いましても、アート鑑賞に尽きる旅。

 

後日のんびり写真等投稿致しますので、

またどうぞ、ここでも宜しくお願い致します。

 

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 09:25
comments(0), trackbacks(0), - -
制作の日々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泰山木、笑う。

 

 

 

 

5月の個展終了とともに、

巨大作品の制作を再開し、描くことに明け暮れる日々。

平日は兎にも角にも描き進み、

休日は娘と、家族と過ごす時間に重きを置く。

 

故に、PCを開くことさえなく、

ブログを書かないままとなっており、

大変失礼いたしました。

 

 

 

 

1/17 下絵を描き始め

2/16 下絵が完成

2/17 トレースを始め

3/3 トレース完了

3/6 墨仕事を始め

4/20 水干と岩絵の具に入り

4/27 岩絵の具のみで膠仕事に入る

そして

6/5 より再度墨描きに入っています。

 

 

もう5ヶ月が経つのですね。。。

 

そして、いつの間にか期限も迫ってきています。

 

 

 

描かねば、ずんずんと、描き進まねば。

 

 

 

その思いから、朝は早くに目が覚めます。

今朝は4時に目覚め、二度寝など出来ず、

身支度を調え、

コーヒーとチョコレートで身体を起こし、

早々に墨をすり、描き始めておりました。

 

 

 

もうしばらくの間、ブログを綴るよりも

描くことに心血を注ぎます故、

ブログの滞りをお許しくださいませ。

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

っと、言いながらも

インスタでは簡単に更新しております。

 

こちらからどうぞ→「矢吹沙織インスタグラム」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 10:21
comments(0), trackbacks(0), - -
個展閉場のお知らせ

 

 

 

5月21日、無事に矢吹沙織個展を閉場致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来場下さいました皆々様

応援、お見守り下さった皆々様

心より御礼申し上げます。

 

 

 

久しぶりにお目にかかれた方々。

懐かしいお顔に笑みが溢れ、再会に喜びました。

 

初めましての方々。

嬉しいご縁やつながりに感謝ばかりです。

 

この度は不思議と嬉しいタイミングが重なり

故郷からたまたま上京された方々も沢山

足を運んで下さいました。

ありがとうございました。

 

 

また、家事育児に追われながらも

その間に出会えてご縁をいただいた皆々様も

駆けつけて下さいました。

ご近所さん、ママ友パパ友、娘の保育園や塾の先生方。

ありがとうございました。

 

 

沢山書き綴りたいことがございますが

一先ず、閉場のお知らせまでに。

 

 

 

皆々様、重ねて御礼申し上げます。

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 20:23
comments(0), trackbacks(0), - -
個展のお知らせ

 

 

 

 

矢吹沙織 個展

 

 

2017年5月15日(月)〜21日(日)

 

AM11:00〜 PM6:00(最終日PM4:00閉場)

 

会期中 連日 AM11:00〜PM5:00 作家在廊

 

 

 

東京都中央区銀座1-5-15-1F

「ギャラリー杉野」

 

 

 

日々是好日

私たちは季節を通して、懐かしさや思い出を共有する。

懐かしさの中に、大いなる安心を見いだす時、

自らを振り返り、今を生き、

これから先を生きるための糧とする。

どうぞ、ご高覧下さいませ。

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

「泰山木」100×50cm  2017年制作

 

 

 

 

 

 

 

 

「錦」 170×350cm 2016年制作

 

こちらの大作も展示致します。

 

 

 

 

 

 

出産育児を経て

ようやく、銀座で7年振りの個展開催に至ります。

 

喜びに満ちながらも

描けない日々、生活の中で悩み悶々とし

今までにない心の経験をさせていただきました。

 

その中で、描き続けてきた作品を展示致します。

 

 

期間中、お近くにお出掛けの際には

どうぞお立ち寄り、ご高覧頂きたく

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

これまでにお名前ご住所を頂いている皆様へ。

GW前後にはDMが届きますよう準備致します。

 

 

 

 

 

皆々様にお目にかかれる日を楽しみにしつつ、

工夫し続けます。

重ねて、宜しくお願い申し上げます。

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

追記

少し前からパソコンが壊れてしまいました。

以下で近況等をアップしておりますので

ご覧下さいませ。

 

「saori_yabukiインスタグラム」

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 05:03
comments(0), trackbacks(0), - -
PCが…

 

実は先週からパソコンが立ち上がらず、、、終焉を迎えた様子です。

 

大切な個展前にアタフタしております。

 

 

「矢吹沙織インスタグラム」ここで絵のことや日常生活をアップしております。

宜しければご覧下さいませ。

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:絵のコト, 10:11
comments(1), trackbacks(0), - -
母子旅 京都

 

 

 

 

葉桜と八重桜の頃

 

先日、母子で二泊三日の京都旅を楽しんで参りました。

母子での旅行は、自分の希望が半分叶えば万々歳。。

 

 

 

 

 

 

 

晴天と曇り、三日間とも雨にあうことなく

無事に過ごせて助かった。いい流れだ。

 

娘には私の仕事に付き合ってもらうので

その御礼を込めて娘接待。

 

 

 

 

 

今更ですが、マンガミュージアムへ行きました。

火の鳥を見て、「大きなキジ!」と娘。

 

そして、ここへ来た目的は紙芝居!

黄金バットが大好きな娘に

紙芝居の黄金バットを見せてあげたかったのです。

 

だけれど、何の紙芝居が始まるのか不明のまま

不安のまま、それでもクイズやトークを楽しみつつ

あぁ、今日は黄金バットの日じゃなかったのか、、、

っと諦めしたたその時!

「紙芝居の代名詞!黄金バット!ゴールデンバット!

始まりマース!」

 

 

娘、ニヤリっと母の顔を見る。

 

良かったね。

 

 

 

 

喜んで、楽しんで、嬉しい母子は

ウキウキのままミュージアムを出ようとした、その時、、

「あ!傘を紙芝居の部屋に忘れた!」

っと、傘を取りに戻りますと

紙芝居やっさん一座、だんまるさんが会場の片付け中。

 

私「すみませーん、傘を忘れちゃってー」

 

「あー!そこそこ!あー!娘ちゃん、おいで−!」

 

っと、諸々(詳細自粛)楽しませて下さり、

その間に娘へ絵を描いて下さったのです。

 

 

 

 

 

 

だんまるさん、娘、黄金バット!

 

傘を忘れてラッキーだったね〜っと

大喜びの母子でした。

ありがとうございます。幸先良し。

 

 

 

 

 

 

 

 

それから寺町辺りをフラフラ散歩。

お目当てのコロンボさんでティラミスを買おうと

伺いましたら、売り切れ!流石です!

 

その代わりにパロっツォを買って

村上開新堂さんでロシアケーキを買って

ホテルで休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも娘のために大浴場のあるホテルを選ぶ私。

今回も大浴場から京都タワーを眺めつつ

お風呂を楽しみました。

 

夕食前に眦膕阿気鵑任世話になっている先生方の

グループ展を鑑賞し、

その後はお友達と待ち合わせて楽しみだった夕食へ。

 

 

A君、Sさん、いつもいつもありがとう。

気づけば2年振りの再会。

会わなかった時間を感じさせないお二人で

なんだか、年年安心感が増す。

娘はお寿司を食べて満足そうでした。

 

 

載せちゃっていいのか知らぬが写真載せてみよー。

(娘撮影)

 

 

 

 

 

 

今回もA君と娘は夜の京都散歩へ繰り出しました。

 

 

 

A君撮影。

ありがとうございました。

 

 

 

 

遅い時間にホテルへ戻り、

それでも大浴場へ行きたい!っと言うので

しっかり暖まってから就寝。

娘よ、上手に一緒にいてくれてありがとう。

 

 

 

二日目はいよいよ本題の場所へ!

 

 

っの前に、またもや娘接待。。。

約束していた鏡をまだ買っていない!っと怒るので

お目当てのお店へ行くも、なかなか開かない、、、

前日夕方来た時は既に閉まっていたし、、、

でも今行かなきゃもう行く時間はない、、、

っと、待ちに待って11時半に開店したお店、幾岡屋さん。

 

 

 

 

 

私がここのお店で買った鏡をもう15年くらい使っていて

娘もそれを欲しがっていたのです。

似たようなものは幾らでもあるのですが、

どうにもここのそれが良いのです。

 

 

 

 

 

 

手前が悩みに悩んで選んだ娘の鏡。奥が私。

 

 

ちなみに↓右が今まで使い込み過ぎていた私の鏡。

色んな色や柄があるけれど、

なぜか白っぽいのを選んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ようやく今回の最大の目的地へ!

京都宇治田原の正寿院さん!

 

の前に、娘疲れてグズグズイヤイヤ、、、言い争い勃発。

。。。。。。。。

四条河原町の駅で喧嘩になった母子。はぁ、、

 

 

気を取り直して、

この日は

花天井画の内覧会の日だったのです。

 

電車、バス、コミュニティーバスを乗り継いで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっとり天井画を眺めるばかりで、

あまり写真を撮っていなかった。。

それにしても、良いお天気で気持ちの良い場所でした。

故郷に似た雰囲気もあり、外を眺めるのも至福のひととき。

 

改めまして、素敵な御縁を頂き、ありがとうござました。

 

 

 

そしてそして、そこから京都市内へ帰るのも

時間がかかりまして、

娘は限界のあまりバスでお昼寝。

その後ももう無理だと言うので

お弁当を買って、ホテルで夕食を食べる京都Night。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、疲れるよね。。ごめんよ。

付き合ってくれてありがとう。

 

 

 

 

早々に就寝。

 

翌朝には伏見稲荷へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きたいところまでは行けない現実。

だけれど、今はそこまでで充分なのだろうと解釈。

むしろ、出来ていることを喜んでいればいいよね。

 

 

 

 

 

 

最終日もグズグズイヤイヤで大変でしたし

喧嘩にも至りましたが、

それでも母子で京都を満喫いたしました。

 

午後1時には新幹線に乗って東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯を食べそこねたり、

それを変にカバーしてしまったり、、

二人とも暴飲暴食気味。

 

 

帰宅して直ぐに翌日の登園準備。

私は翌日銀座へ行かねば。

 

 

っと、てんやわんやしながら

日々を暮らしております。

 

 

 

 

3日京都へ行って帰っただけなのに、

東京はすっかり新緑の趣きへ移行。

 

 

 

 

銀座の画廊さんへ仕事の話。

その後、Mさんと待ち合わせてランチ。

某画廊さんで畠中先生の個展を鑑賞。

某画廊にMさんの仕事についてゆく。

パネルを受け取って帰宅。

即、スーパーへ出掛けて夕食準備。

娘お迎え、夕食、。。。

あーーーーーーっとまた一日が暮れたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からまた制作と生活の日々。

 

外へ出て、人に会って、話を聞いたりしたり、

随分と刺激になりました。

 

ぐわーーっと、またやる気が充ち満ちてまいりました。

 

 

 

 

 

 

制作!

 

そして、個展へ向けて更に動くのです。

 

 

矢吹沙織

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:矢吹沙織, category:育児と育自, 06:05
comments(0), trackbacks(0), - -